9.5. ディープコピーサブジェクトモードの有効化

Web ベースの管理コンソールか管理 CLI よりディープコピーセキュリティーモードを有効にすることができます。

手順9.1 管理コンソールからディープコピーセキュリティーモードを有効にする

  1. 管理コンソールへログインします。

    通常、管理コンソールは http://127.0.0.1:9990/ のような URL で使用できます。環境に合わせて適切な URL を使用してください。
  2. 管理ドメイン: 適切なプロファイルを選択します。

    管理ドメインではプロファイルごとにセキュリティーサブシステムが設定されているため、各プロファイルに対して個別にディープコピーセキュリティーモードを有効または無効にすることができます。
    プロファイルを選択するには、コンソール表示の右上にある プロファイル ラベルをクリックし、右上にある プロファイル 選択ボックスより変更したいプロファイルを選択します。
  3. Security Subsystem 設定メニューを開きます。

    管理コンソールの右にある セキュリティー メニュー項目を拡大し、セキュリティーサブシステム リンクをクリックします。
  4. deep-copy-subject-mode の値を変更します。

    編集 ボタンをクリックします。Deep Copy Subjects: の横にあるボックスにチェックを入れ、ディープコピーサブジェクトモードを有効にします。
管理 CLI を使用してディープコピーサブジェクトモードを有効にする

管理 CLI を使用してこのオプションを有効にしたい場合、以下のコマンドの 1 つを使用します。

例9.2 管理ドメイン

/profile=full/subsystem=security:write-attribute(name=deep-copy-subject-mode,value=TRUE)

例9.3 スタンドアロンサーバー

/subsystem=security:write-attribute(name=deep-copy-subject-mode,value=TRUE)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。