9.6.11. アプリケーションでのセキュリティードメインの使用

概要

アプリケーションでセキュリティードメインを使用するには、最初にサーバーの設定ファイルまたはアプリケーションの記述子ファイルのいずれかにドメインを設定する必要があります。その後、使用する EJB に必要なアノテーションを追加する必要があります。ここでは、アプリケーションでセキュリティードメインを使用するために必要な手順について取り上げます。

手順9.6 セキュリティードメインを使用するようアプリケーションを設定

  1. セキュリティードメインの定義

    セキュリティードメインは、サーバーの設定ファイルまたはアプリケーションの記述子ファイルのいずれかに定義できます。
    • サーバーの設定ファイルへセキュリティードメインを設定

      セキュリティードメインは、サーバーの設定ファイルの security サブシステムに設定されます。JBoss Enterprise Application Platform インスタンスが管理対象ドメインで実行されている場合、domain/configuration/domain.xml ファイルになります。JBoss Enterprise Application Platform インスタンスがスタンドアロンサーバーとして実行されている場合は standalone/configuration/standalone.xml ファイルになります。
      otherjboss-web-policy および jboss-ejb-policy セキュリティードメインはデフォルトとして JBoss Enterprise Application Platform 6 に提供されます。次の XML の例は、サーバーの設定ファイルの security サブシステムよりコピーされました。
      <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:security:1.2">
          <security-domains>
              <security-domain name="other" cache-type="default">
                  <authentication>
                      <login-module code="Remoting" flag="optional">
                          <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                      </login-module>
                      <login-module code="RealmDirect" flag="required">
                          <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                      </login-module>
                  </authentication>
              </security-domain>
              <security-domain name="jboss-web-policy" cache-type="default">
                  <authorization>
                      <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
                  </authorization>
              </security-domain>
              <security-domain name="jboss-ejb-policy" cache-type="default">
                  <authorization>
                      <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
                  </authorization>
              </security-domain>
          </security-domains>
      </subsystem>
      
      
      管理コンソールまたは CLI を使用して、追加のセキュリティードメインを必要に応じて設定することができます。
    • アプリケーションの記述子ファイルにセキュリティードメインを設定

      セキュリティードメインはアプリケーションの WEB-INF/web.xml ファイルにある <jboss-web> 要素の <security-domain> 子要素に指定されます。次の例は my-domain という名前のセキュリティードメインを設定します。
      <jboss-web>
          <security-domain>my-domain</security-domain>
      </jboss-web>        
              
      
      
      これが WEB-INF/jboss-web.xml 記述子に指定できる多くの設定の 1 つになります。
  2. EJB へ必要なアノテーションを追加

    @SecurityDomain および @RolesAllowed アノテーションを使用してセキュリティーを EJB に設定します。次の EJBコードの例は、guest ロールのユーザーによる other セキュリティードメインへのアクセスを制限します。
    package example.ejb3;
    
    import java.security.Principal;
    
    import javax.annotation.Resource;
    import javax.annotation.security.RolesAllowed;
    import javax.ejb.SessionContext;
    import javax.ejb.Stateless;
    
    import org.jboss.ejb3.annotation.SecurityDomain;
    
    /**
     * Simple secured EJB using EJB security annotations
     * Allow access to "other" security domain by users in a "guest" role.
     */
    @Stateless
    @RolesAllowed({ "guest" })
    @SecurityDomain("other")
    public class SecuredEJB {
    
       // Inject the Session Context
       @Resource
       private SessionContext ctx;
    
       /**
        * Secured EJB method using security annotations
        */
       public String getSecurityInfo() {
          // Session context injected using the resource annotation
          Principal principal = ctx.getCallerPrincipal();
          return principal.toString();
       }
    }
    
    その他のコード例は、Red Hat カスタマーポータルより入手できる JBoss Enterprise Application Platform 6 Quickstarts バンドルの ejb-security クイックスタートを参照してください。