11.3. CLI でのロギング設定

11.3.1. CLI での root ロガー設定

root ロガーの設定は CLI を使用して確認/編集することができます。

手順11.1 root ロガーの設定内容の表示

  • 次の構文で read-resource オペレーションを使用します。
     /subsystem=logging/root-logger=ROOT:read-resource 

    例11.1 root ロガーの read-resource オペレーション

    [standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/root-logger=ROOT:read-resource                                  
    {
       "outcome" => "success",
       "result" => {
          "filter" => {"match" => "names"},
          "handlers" => [
                "CONSOLE",
                "FILE"
          ],
          "level" => "INFO"
       }
    }
    

手順11.2 root ロガーのログレベルの設定

  • 次の構文で write-attribute オペレーションを使用します。LEVEL はサポートされているログレベルの 1 つです。
     /subsystem=logging/root-logger=ROOT:write-attribute(name="level", value="LEVEL") 

    例11.2 root ロガーの write-attribute オペレーションによるログレベルの設定

    [standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/root-logger=ROOT:write-attribute(name="level", value="DEBUG")
    {"outcome" => "success"}
    [standalone@localhost:9999 /]
    

手順11.3 root ロガーへの log ハンドラーの追加

  • 次の構文で root-logger-assign-handler オペレーションを使用します。HANDLER は追加するログハンドラーの名前です。
     /subsystem=logging/root-logger=ROOT:root-logger-assign-handler(name="HANDLER") 
    ログハンドラーは、root ロガーに追加する前に作成済みである必要があります。

    例11.3 root ロガーの root-logger-assign-handler オペレーション

    [standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/root-logger=ROOT:root-logger-assign-handler(name="AccountsNFSAsync")
    {"outcome" => "success"}
    [standalone@localhost:9999 /]
    

手順11.4 root ロガーからのログハンドラーの削除

  • 次の構文で root-logger-unassign-handler を使用します。HANDLER は削除するログハンドラーの名前です。
     /subsystem=logging/root-logger=ROOT:root-logger-unassign-handler(name="HANDLER") 

    例11.4

    [standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/root-logger=ROOT:root-logger-unassign-handler(name="AccountsNFSAsync")
    {"outcome" => "success"}
    [standalone@localhost:9999 /]