9.8. ネットワークセキュリティー

9.8.1. 管理インターフェースのセキュア化

概要

テスト環境で、管理インターフェース (管理コンソール、管理 CLI、および他のすべての API 実装から構成されます) にセキュリティーレイヤーがない状態で Enterprise Application Platform 6 を実行することは一般的です。これにより、開発と設定変更を素早く行えるようになります。

また、デフォルトでは、サイレント認証モードが存在し、ホストマシン上のローカルクライアントがユーザー名またはパスワードなしで管理 CLI に接続できるようになります。この動作は、ローカルユーザーと管理 CLI スクリプトに対して便利ですが、必要な場合は無効にできます。この手順については、トピック を参照してください。
本番稼働に移行するために環境のテストおよび準備を開始する場合は、少なくとも以下の方法で管理インターフェースをセキュアにすることが非常に重要です。