6.4. XA データソース

6.4.1. 管理 CLI を用いた XA データソースの作成

タスクの概要
管理コマンドラインインターフェースを使用して JBoss Enterprise Application Platform 6 へ新しい XA データソースを追加する手順について説明します。

前提条件

データソースリソースプロパティー

  • XA データソースを追加する時に必要なプロパティーは 4 つあります。
    name
    このコマンドに対する XA データソースインスタンスを識別します。
    jndi-name
    XA データソースの JNDI 名を指定します。 java:/ または java:jboss/ で始まらなければなりません。
    driver-name
    XA データソースが使用すべきである JDBC ドライバーを定義します。ドライバーがデプロイされた方法により異なりますが、.jar ファイルの名前かモジュール名になります。
    xa-datasource-class
    javax.sql.XADataSource 実装の完全修飾名。
  • xa-data-source コマンドに使用できるリソースプロパティーの一覧を表示するには、次の管理 CLI コマンドラインを入力します。
    xa-data-source --help --properties

注記

バージョン 10.2 以前の Oracle データソースでは非トランザクション接続とトランザクション接続が混在するとエラーが発生したため、<no-tx-separate-pools/> パラメーターが必要でした。このパラメーターは必要ではなくなりました。

手順6.7 タスク

  1. サーバーを起動します。
  2. 管理 CLI を起動します。
  3. 次のコマンドを実行して XA データソースを作成します。
    xa-data-source add --name=XA_DATASOURCE_NAME --jndi-name=JNDI_NAME --driver-name=DRIVER_NAME --xa-datasource-class=XA_DATASOURCE_CLASS

    例6.6 コマンドの例

    data-source add --name=MSSQLDS --jndi-name=java:jboss/MSSQLDS --connection-url=jdbc:microsoft:sqlserver://localhost:1433;DatabaseName=MSSQLDB --driver-name=sqljdbc4.jar
  4. XA データソースプロパティーの設定

    1. サーバー名の設定

      次のコマンドを実行し、ホストのサーバー名を設定します。
      /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=ServerName:add(value=HOSTNAME)
    2. データベース名の設定

      次のコマンドを実行し、データベース名を設定します。
      /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=DatabaseName:add(value=DATABASE_NAME)
  5. データソースを有効にします。
    xa-data-source enable --name=NAME
結果
XA データソースがサーバーに追加されます。更にデータソースを設定するには、「管理 CLI を用いた XA データソースの変更」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。