第6章 データソース管理

6.1. はじめに

6.1.1. JDBC について

JDBC API は、Java アプリケーションがデータベースにアクセスする方法を定義する基準です。JDBC ドライバーを参照するデータソースは、アプリケーションで設定します。次に、アプリケーションコードをドライバーに対して記述すると、ドライバーがそのコードをデータベース言語に変換します。これにより、アプリケーションコードを 1 回記述するだけで、正しい JDBC ドライバーが参照される限りは、どのデータベースとでも使用することができます。
JDBC 4.0 の仕様は、次のサイトで定義されています: http://jcp.org/en/jsr/detail?id=221
JDBC とデータソースの使用を開始するにあたっては、JBoss Enterprise Application Platform 6 の管理設定ガイドの JDBC ドライバーのセクションを参照してください。

6.1.2. JBoss Enterprise Application Platform 6 がサポートするデータベース

JBoss Enterprise Application Platform 6 がサポートする JDBC 準拠のデーターベースの一覧は http://www.redhat.com/resourcelibrary/articles/jboss-enterprise-application-platform-supported-configurations を参照してください。

6.1.3. データソースの型

一般的なリソースタイプには、datasourcesXA datasources の 2 つがあります。
非 XA データソースは、トランザクションを使用しないアプリケーション、または単一のデータベースでトランザクションを使用するアプリケーションに使用されます。
XA データソースは、トランザクションが複数のデータベースにわたって分散されるアプリケーションによって使用されます。
管理コンソールあるいは管理 CLI でデータソースを作成するときに、データソースの型を指定します。

6.1.4. データソースの例

JBoss Enterprise Application Platform 6 には H2 データベースが含まれています。これは、軽量な関係データベース管理システムで、開発者によるアプリケーションの迅速な構築を可能にします。これがプラットフォームのデータソース例になります。

警告

本番稼働環境では使用しないでください。これは、アプリケーションをテストおよび構築するために必要なすべての標準をサポートする非常に小さい自己完結型のデータソースであり、本番稼働用として堅牢またはスケーラブルではありません。
サポートおよび認定済みのデータソースの一覧は 「JBoss Enterprise Application Platform 6 がサポートするデータベース」 を参照してください。

6.1.5. -ds.xml ファイルのデプロイメント

JBoss Enterprise Application Platform 6 では、データソースはサーバーサブシステムのリソースとして定義されます。以前のバージョンでは、サーバー設定のデプロイメントディレクトリに *-ds.xml データソース設定ファイルが必要でした。*-ds.xml を JBoss Enterprise Application Platform 6 にデプロイするには、http://docs.jboss.org/ironjacamar/schema/datasources_1_1.xsd のスキーマに従います。

警告

この機能は開発目的でのみ使用するようにしてください。JBoss の管理ツールではサポートされないため、本番環境での使用は推奨されません。

重要

*-ds.xml ファイルをデプロイする場合、すでにデプロイまたは定義されている <driver> エントリーへの参照を使用しなければなりません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。