17.4. デプロイされたリソースアダプターの設定

JBoss 管理者は、管理コンソールでリソースアダプターを設定できます。
サポートされるプロパティーと他の詳細については、リソースアダプターのベンダードキュメントを参照してください。

前提条件:

  • 管理コンソールにログインできる必要があります。
  • リソースアダプターがすでにデプロイされている必要があります
  1. ログイン

    管理コンソールへログインします。
  2. JCA Resource Adapters 画面を開きます。

    サーバーがスタンドアロンサーバーとして実行されている場合は、次の手順を実行します。
    • 右上の Profile リンクをクリックし、Profile ビューに切り替えます。
    • 左側のナビゲーションパネルの Profile セクションが展開されていることを確認します。
    • Connector をクリックして展開し、Resource Adapters をクリックします。
    サーバーが管理ドメインの一部として実行されている場合は、次の手順を実行します。
    • 右上の Profile リンクをクリックし、Profile ビューに切り替えます。
    • 左側のナビゲートパネル最上部の Profile メニューから変更するプロファイルを選択します。
    • Connector をクリックして展開し、Resource Adapters をクリックします。
  3. 新しいリソースアダプターの追加

    Add ボタンをクリックします。Create Resource Adapter パネルが表示されます。デプロイされたアーカイブの名前を入力し、トランザクションタイプを選択し、Save をクリックします。新しいアーカイブが、利用可能なリソースアダプターのリストに表示されます。
  4. プロパティーの追加

    プロパティーを追加するには、利用可能なリソースアダプターのリストからリソースアダプターを選択し、プロパティータブをクリックします。add をクリックすると、Create Config Property パネルが表示されます。プロパティーの名前と必要な値を追加します。save をクリックします。プロパティーのリストに新しいプロパティーと値が表示されます。
  5. 接続定義の編集

    リソースアダプターの接続定義を編集するには、利用可能なリソースアダプターリストのリソースアダプターに対する View リンクをクリックします。ビューが Connection Definitions 画面に変更され、新しい接続定義を追加し、プロパティーを設定できます。
    この画面の左上の Back リンクをクリックして、Resource Adapters 画面に戻ります。
  6. 管理オブジェクトの編集

    リソースアダプターの管理オブジェクトを編集するには、利用可能なリソースアダプターリストのリソースアダプターの View リンクをクリックします。ビューが Connection Definitions 画面に変わったら、最上部の Admin Objects リンクをクリックします。ビューは Admin Objects 画面に変わり、新しい管理オブジェクトを追加し、プロパティーを設定できます。
    この画面の左上の Back リンクをクリックして、Resource Adapters 画面に戻ります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。