2.7.2. Red Hat Enterprise Linux でサービスとして JBoss Enterprise Application Platform をインストール

概要

以下の手順を使用して JBoss Enterprise Application Platform 6 をサービスとして Red Hat Enterprise Linux にインストールします。

前提条件

このタスクを完了するには管理者権限が必要です。

手順2.2 タスク

  1. /etc/init.d/ ディレクトリーに起動スクリプトをコピーします。

    起動スクリプトと、関連する設定ファイルは、EAP_HOME/bin/init.d/ ディレクリーに存在します。これらの各ファイルを /etc/init.d/ ディレクリーにコピーします。
    [user@host init.d]$sudo cp jboss-as-standalone.sh jboss-as.conf /etc/init.d
  2. 起動スクリプトをサービスとして追加します。

    chkconfig サービス管理コマンドを使用して、新しい jboss-as-standalone.sh サービスを自動的に起動されるサービスのリストに追加します。
    [user@host init.d]$sudo chkconfig --add jboss-as-standalone.sh
  3. スクリプトオプションを編集します。

    必要な場合は、jboss-as.conf ファイルを編集して JBoss Enterprise Application Platform と JVM の起動オプションをカスタマイズします。ファイルのコメントをガイダンスとして使用します。このファイルで、JBoss Enterprise Application Platform 6 を抽出したディレクリーを参照するよう JBOSS_HOME 変数を設定することが推奨されます。ディレクリー名の最後にスラッシュ (/) を追加しないでください。
  4. スクリプト自体を編集します。

    起動スクリプト自体を編集する必要がある場合があります。起動ファイルの名前と JBoss Enterprise Application Platform インスタンスの場所について推測が行われます。スクリプトをカスタマイズし、以下の変数に特別な注意を払います。これらの変数は、JBoss Enterprise Application Platform 6 を管理対象ドメインとして起動するためにカスタマイズする必要があります。
    • JBOSS_HOME - JBoss Enterprise Application Platform 6 が抽出される場所
    • JBOSS_USER - JBoss Enterprise Application Platform を実行できるユーザー。これは、非特権ユーザーである必要があります (スーパーユーザー特権なし)。
    • JBOSS_CONFIG - JBoss Enterprise Application Platform 6 を起動するために使用される設定ファイルの名前 (domain.xmlstandalone.xml など)
    • JBOSS_SCRIPT - JBoss Enterprise Application Platform 6 を起動するために使用されるスクリプト (domain.shstandalone.sh など)
  5. サービスを起動します。

    必要な場合は、Red Hat Enterprise Linux サービスを起動するために標準的な構文を使用して新しいサービスを起動します。
    [user@host bin]$sudo service jboss-as-standalone.sh start
結果

JBoss Enterprise Application Platform 6 は、Red Hat Enterprise Linux がデフォルトのランレベルに到達したときに自動的に起動し、オペレーティングシステムでシャットダウンルーチンが完了した時に自動的に終了します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。