16.8.2. EJB3 リモートサービスの設定

JBoss の管理者は JBoss Enterprise Application Platform 6 の管理コンソールに EJB3 リモートサービスを設定できます。設定可能な機能は、リモートの Bean 呼び出しに使用されるスレッドプールと、EJB3 リモーティングチャネルが登録されるコネクターです。

手順16.21 EJB3 リモートサービスの設定

  1. ログイン

    管理コンソールへログインします。
  2. Remote Service タブを開く

    右上の Profile をクリックし、左側の Profile パネルの Container 項目を展開して、EJB 3 を選択します。メインパネルから Services タブを選択した後、Remote Service タブを選択します。
    EJB3 Services パネルの Remote Service タブ

    図16.13 EJB3 Services パネルの Remote Service タブ

  3. 編集モードの入力

    Edit ボタンをクリックします。フィールドが編集可能になります。
  4. 必要な変更の追加

    追加のスレッドプールが設定されている場合はリモートサービスに使用される別の EJB3 スレッドプールを選択することができます。EJB リモーティングチャネルの登録に使用されるコネクターを変更できます。
  5. 保存またはキャンセル

    Save ボタンをクリックして変更を維持するか、 Cancel リンクをクリックして変更を破棄します。