16.5. メッセージ駆動型 Bean の設定

16.5.1. メッセージ駆動型 Bean のデフォルトリソースアダプターの設定

JBoss の管理者はメッセージ駆動型 Bean によって使用されるデフォルトのリソースアダプターを指定することができます。デフォルトのリソースアダプターは管理コンソールおよび CLI を使用して指定できます。JBoss Enterprise Application Platform 6 のデフォルトのリソースアダプターは hornetq-ra です。

手順16.17 管理コンソールを使用したメッセージ駆動型 Bean のデフォルトリソースアダプターの設定

  1. 管理コンソールへログインします。「管理コンソールへログイン」 を参照してください。
  2. 右上の Profile をクリックし、左側の Profile パネルの Container 項目を展開して、EJB 3 を選択します。次に、メインパネルから Container タブを選択します。
    管理コンソールの EJB3 コンテナー設定パネル (スタンドアロンサーバー)

    図16.10 管理コンソールの EJB3 コンテナー設定パネル (スタンドアロンサーバー)

  3. Edit ボタンをクリックします。Details 領域のフィールドが編集可能になります。
  4. Default Resource Adapter テキストボックスに使用するリソースアダプターの名前を入力します。
  5. Save ボタンをクリックして変更を維持するか、 Cancel リンクをクリックして変更を破棄します。
  6. Details エリアが編集不可能になり、正しいリソースアダプター名が表示されます。

手順16.18 CLI を使用したメッセージ駆動型 Bean のデフォルトリソースアダプターの設定

  1. CLI ツールを起動し、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」を参照してください。
  2. 次の構文で write-attribute 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3:write-attribute(name="default-resource-adapter-name", value="RESOURCE-ADAPTER")
    RESOURCE-ADAPTER を使用されるリソースアダプターの名前に置き換えます。
  3. read-resource 操作を使用して変更を確認します。
    /subsystem=ejb3:read-resource

例16.14 CLI を使用したメッセージ駆動型 Bean のデフォルトリソースアダプターの設定

[standalone@localhost:9999 subsystem=ejb3] /subsystem=ejb3:write-attribute(name="default-resource-adapter-name", value="EDIS-RA")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 subsystem=ejb3]

例16.15 XML 設定の例

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ejb3:1.2">

   <mdb>
      <resource-adapter-ref resource-adapter-name="hornetq-ra"/>
      <bean-instance-pool-ref pool-name="mdb-strict-max-pool"/>
   </mdb>


</subsystem>