16.2.4. Bean プールの編集

管理コンソールを使用して Bean プールを編集することが可能です。

手順16.5 管理コンソールを使用した Bean プールの編集

  1. 管理コンソールへログインします。「管理コンソールへログイン」 を参照してください。
  2. 右上の Profile をクリックし、左側の Profile パネルの Container 項目を展開して、EJB 3 を選択します。次に、メインパネルから Bean Pools タブを選択します。
    EJB3 Bean プールパネル

    図16.4 EJB3 Bean プールパネル

  3. 一覧より編集する Bean プールを選択します。
  4. Edit ボタンをクリックします。Details 領域のフィールドが編集可能になります。
  5. 変更したい詳細を編集します。Max Pool SizeTimeout の値と、Timeout の単位のみが変更可能です。
  6. 変更を保存するには Save ボタンをクリックします。変更を破棄するには Cancel リンクをクリックします。
    Ok ボタンをクリックすると、Details エリアが編集不可能になり、Bean プールが新しい詳細に更新されます。
    Cancel リンクをクリックすると、 Details エリアが編集不可能になり、何も変更されません。

手順16.6 CLI を使用した Bean プールの編集

  1. CLI ツールを起動し、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」を参照してください。
  2. Bean プールの各属性を変更するために、次の構文で write-attribute 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=BEANPOOLNAME:write-attribute(name="ATTRIBUTE", value="VALUE")
    • BEANPOOLNAME を Bean プールの必要な名前に置き換えます。
    • ATTRIBUTE を、編集する属性の名前に置き換えます。このように編集できる属性は、max-pool-sizetimeout、および timeout-unit です。
    • VALUE を属性の必要な値に置き換えます。
  3. read-resource 操作を使用して Bean プールの変更を確認します。
    /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=BEANPOOLNAME:read-resource

例16.4 CLI を使用した Bean プールのタイムアウト値の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=HSBeanPool:write-attribute(name="timeout", value="1500")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。