8.4.3. デプロイメントスキャナーを使用してスタンドアロンサーバーインスタンスにアプリケーションをデプロイ解除

概要

このタスクは、デプロイメントスキャナーを使用してデプロイされたスタンドアロンサーバーインスタンスからアプリケーションをデプロイ解除する方法を示します。「アプリケーションデプロイメントについて」トピックで示されているように、この方法は開発者の利便性のために保持され、本番稼働環境でのアプリケーション管理には管理コンソールと管理 CLI の方法が推奨されます。

注記

デプロイメントスキャナーは、アプリケーション管理の他のデプロイメント方法とともに使用しないでください。管理コンソールによりアプリケーションサーバーから削除されたアプリケーションは、デプロイメントディレクトリーに含まれるマーカーファイルまたはアプリケーションに影響を与えずにランタイムから削除されます。意図しない再デプロイメントや他のエラーの可能性を最小化するには、本番稼働環境で管理に管理 CLI および管理コンソールを使用します。

手順8.8 タスク

  • アプリケーションの再デプロイ

    デプロイメントフォルダーからアプリケーションを削除するか、デプロイメントステータスのみを変更するかに応じて、アプリケーションをデプロイ解除するには 2 つの方法があります。
    • マーカーファイルの削除によるデプロイ解除

      デプロイされたアプリケーションの example.war.deployed マーカーファイルを削除して、ランタイムからのアプリケーションのデプロイ解除を開始するためにデプロイメントスキャナーをトリガーします。
      結果
      デプロイメントスキャナーは、アプリケーションをデプロイ解除し、example.war.undeployed マーカーファイルを作成します。アプリケーションは、デプロイメントフォルダーに維持されます。
    • アプリケーションの削除によるデプロイ解除

      デプロイメントディレクトリーからアプリケーションを削除して、ランタイムからのアプリケーションのデプロイ解除を開始するためにデプロイメントスキャナーをトリガーします。
      結果
      デプロイメントスキャナーは、アプリケーションをデプロイ解除し、filename.filetype.undeployed マーカーファイルを作成します。アプリケーションは、デプロイメントフォルダーにありません。
結果

アプリケーションファイルは、アプリケーションサーバーからデプロイ解除され、管理コンソールの Deployments 画面に表示されません。