8.4.8. 管理 CLI でのデプロイメントスキャナーの設定

概要

デプロイメントスキャナーを設定するには複数の方法がありますが、管理 CLI を使用すると、バッチスクリプトを使用して、またはリアルタイムで属性を公開および変更できます。read-attribute および write-attribute グローバルコマンドライン操作を使用することにより、デプロイメントスキャナーの動作を変更できます。デプロイメントスキャナー属性に関する詳細は、トピック「デプロイメントスキャナー属性のリファレンス」で定義されています。

デプロイメントスキャナーは、JBoss Enterprise Application Platform 6 のサブシステムであり、standalone.xml で参照できます。
<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:deployment-scanner:1.1">
    <deployment-scanner path="deployments" relative-to="jboss.server.base.dir" scan-enabled="true" scan-interval="5000" auto-deploy-exploded="true"/>
</subsystem>

手順8.10 タスク

  1. 設定するデプロイメントスキャナー属性を決定

    管理 CLI を使用してデプロイメントスキャナーを設定するには、最初に正しい属性名を公開する必要があります。これは、ルートノードで read-resources 操作を使用するか、または cd コマンドを使用してサブシステム子ノードに移動することにより、行えます。また、このレベルで ls コマンドを使用して属性を表示することもできます。
    • read-resource 操作を使用して、デプロイメントスキャナー属性を公開します。

      read-resource 操作を使用して、デフォルトのデプロイメントスキャナーリソースで定義された属性を公開します。
      [standalone@localhost:9999 /]/subsystem=deployment-scanner/scanner=default:read-resource
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => {
              "auto-deploy-exploded" => true,
              "auto-deploy-xml" => true,
              "auto-deploy-zipped" => true,
              "deployment-timeout" => 60,
              "path" => "deployments",
              "relative-to" => "jboss.server.base.dir",
              "scan-enabled" => true,
              "scan-interval" => 5000
          }
      }
      
    • ls コマンドを使用してデプロイメントスキャナー属性を公開

      ls コマンドを -l オプション引数を使用して、サブシステムノード属性、値、およびタイプを含む結果の表を表示します。ls コマンドとその引数の詳細は、ls --help と入力して CLI ヘルプエントリを表示して学習できます。管理 CLI のヘルプメニューの詳細については、トピック「管理 CLI でのヘルプの使用」を参照してください。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] ls -l
      ATTRIBUTE            VALUE                 TYPE    
      auto-deploy-exploded true                  BOOLEAN 
      auto-deploy-xml      true                  BOOLEAN 
      auto-deploy-zipped   true                  BOOLEAN 
      deployment-timeout   60                    LONG    
      path                 deployments           STRING  
      relative-to          jboss.server.base.dir STRING  
      scan-enabled         true                  BOOLEAN 
      scan-interval        5000                  INT
      
  2. write-attribute 操作を使用してデプロイメントスキャナーを設定

    変更する属性の名前を決定したら、write-attribute を使用して、書き込む属性名と新しい値を指定します。以下のサンプルは、すべて子ノードレベルで実行され、cd コマンドと Tab 補完を使用してデフォルトスキャナーノードに公開および移動できます。
    [standalone@localhost:9999 /] cd subsystem=deployment-scanner/scanner=default
    
    1. 展開されたコンテンツの自動デプロイメントを有効化

      write-attribute 操作を使用して、展開されたアプリケーションコンテンツの自動デプロイメントを有効にします。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=auto-deploy-exploded,value=true)
      {"outcome" => "success"}
      
    2. XML コンテンツの自動デプロイメントを無効化

      write-attribute 操作を使用して XML アプリケーションコンテンツの自動デプロイメントを無効にします。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=auto-deploy-xml,value=false)     
      {"outcome" => "success"}
      
    3. zip 形式のコンテンツの自動デプロイメントを無効化

      write-attribute コマンドを使用して zip 形式のアプリケーションコンテンツの自動デプロイメントを無効にします。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=auto-deploy-zipped,value=false)
      {"outcome" => "success"}
      
    4. パス属性の設定

      write-attribute 操作を使用して、パス属性を変更し、例の newpathname 値を監視するデプロイメントスキャナーの新しいパス名に置き換えます。変更を反映するにはサーバーでリロードする必要があります。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=path,value=newpathname)            
      {
          "outcome" => "success",
          "response-headers" => {
              "operation-requires-reload" => true,
              "process-state" => "reload-required"
          }
      }
      
    5. 相対パス属性の設定

      write-attribute 操作を使用して設定 XML ファイルのパスセクションで定義されたファイルシステムパスに対する相対参照を変更します。変更を反映するには、サーバーでリロードする必要があります。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=relative-to,value=new.relative.dir)
      {
          "outcome" => "success",
          "response-headers" => {
              "operation-requires-reload" => true,
              "process-state" => "reload-required"
          }
      }
      
    6. デプロイメントスキャナーの無効化

      write-attribute 操作を使用して、scan-enabled 値を false に設定することにより、デプロイメントスキャナーを無効にします。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=scan-enabled,value=false)        
      {"outcome" => "success"}
      
    7. スキャン間隔の変更

      write-attribute 操作を使用してスキャン間隔を 5000 ミリ秒から 10000 ミリ秒に変更します。
      [standalone@localhost:9999 scanner=default] :write-attribute(name=scan-interval,value=10000)
      {"outcome" => "success"}
      
結果

設定の変更が、デプロイメントスキャナーに保存されます。