9.7.3. LDAP について

LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) はディレクトリの情報をネットワーク全体で保存し分散するプロトコルです。ディレクトリの情報にはユーザー、ハードウェアデバイス、アクセスロール、制限などの情報が含まれます。
LDAP の一般的な実装には OpenLDAP、Microsoft Active Directory、IBM Tivoli Directory Server、Oracle Internet Directory などがあります。
JBoss Enterprise Application Platform には、Web アプリケーションや EJB アプリケーションの認証承認権限として LDAP サーバーを使用できるようにする複数の認証および承認モジュールがあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。