6.3.2. 管理 CLI でのデータソースの変更

タスクの概要
このトピックでは、管理コマンドラインインターフェースを使用して既存のデータソースを設定するために必要な手順について説明します。

手順6.5 タスク

  1. サーバーを起動します。
  2. CLI の起動
  3. 設定可能な属性の判断

    次のコマンドを実行し、データソースの設定可能なオプションを判断します。
    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:read-resource
  4. 属性の設定

    write-attribute コマンドを使用してデータソース属性を設定します。
    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:write-attribute(name=ATTRIBUTE_NAME,value=ATTRIBUTE_VALUE)
  5. サーバーの再ロード

    サーバーを再ロードして変更を確認します。
    :reload
結果

データソースが変更されます。 変更は管理コンソールと、standalone.xml または domain.xml ファイルで確認できます。データソースを削除するには、以下のコマンドを実行します。

data-source remove --name=DATASOURCE_NAME

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。