17.3. リソースアダプターのデプロイ

リソースアダプターは、管理 CLI ツールまたは Web ベース管理コンソールを使用して JBoss Enterprise Application Platform 6 にデプロイできます。また、ファイルを手作業でコピーしてデプロイすることも可能です。プロセスは、他のデプロイ可能なアーティファクトと同じです。

手順17.1 管理 CLI を使用したリソースアダプターのデプロイ

  1. 使用しているオペレーティングシステムのコマンドプロンプトを開きます。
  2. 管理 CLI へ接続します。
    • Linux の場合は、コマンドラインで以下を入力します。
      $ EAP_HOME/bin/jboss-cli.sh --connect
      $ Connected to standalone controller at localhost:9999
      
    • Windows の場合は、コマンドラインで以下を入力します。
      C:\>EAP_HOME\bin\jboss-cli.bat --connect
      C:\> Connected to standalone controller at localhost:9999
      
  3. リソースアダプターをデプロイします。
    • リソースアダプターをスタンドアロンサーバーへデプロイするには、次のコマンドラインを入力します。
      $ deploy path/to/resource-adapter-name.rar
    • リソースアダプターを管理対象ドメインのすべてのサーバーグループにデプロイするには、次のコマンドラインを入力します。
      $ deploy path/to/resource-adapter-name.rar --all-server-groups
      

手順17.2 Web ベースの管理コンソールを使用したリソースアダプターのデプロイ

  1. JBoss Enterprise Application Platform 6 サーバーを起動します。
  2. 管理ユーザーを追加していない場合は、ここで追加します。詳細は、JBoss Enterprise Application Platform 6 インストールガイドの「JBoss Enterprise Application Platform 6 を初めて使用」の章を参照してください。
  3. Web ブラウザーを開き、管理コンソールへ移動します。デフォルトの場所は http://localhost:9990/console/ です。管理コンソールについての詳細は 「管理コンソールへログイン」 を参照してください。
  4. 右上にある Runtime リンクをクリックして Runtime ビューに切り替えた後、左のナビゲーションパネルにある Manage Deployments を選択して右上にある Add Content をクリックします。
    デプロイメントの管理 - コンテンツの追加

    図17.5 デプロイメントの管理 - コンテンツの追加

  5. リソースアダプターアーカイブを閲覧して選択した後、Next をクリックします。
    デプロイメントの選択

    図17.6 デプロイメントの選択

  6. デプロイ名を検証した後、Save をクリックします。
    デプロイメント名の検証

    図17.7 デプロイメント名の検証

  7. この時点で、リソースアダプターアーカイブが無効の状態でリストに表示されるはずです。Enable リンクをクリックして有効にします。
    デプロイメントの有効化

    図17.8 デプロイメントの有効化

  8. 「Are you sure?」 (本当にリストされた RAR を有効にしたいですか) という内容のダイアログが表示されます。Confirm をクリックするとリソースアダプターアーカイブの状態が Enabled と表示されます。
    デプロイメント

    図17.9 デプロイメント

手順17.3 手作業によるリソースアダプターのデプロイ

  • リソースアダプターアーカイブをサーバーデプロイメントディレクトリへコピーします。
    • スタンドアロンサーバーの場合、リソースアダプターアーカイブを EAP_HOME/standalone/deployments/ ディレクトリへコピーします。
    • 管理対象ドメインの場合、リソースアダプターアーカイブをドメインコントローラーの EAP_HOME/domain/deployments/ ディレクトリへコピーします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。