3.3.9. 管理 CLI 操作のリファレンス

Management CLI の操作の公開

Management CLI の操作は、トピック 「管理 CLI を使用した操作名の表示」 で解説している read-operation-names を使用すると公開できます。また、操作の説明は、トピック 「管理 CLI を使用した操作説明の表示」 で解説している read-operation-descriptions 操作を使用すると公開できます。

表3.2 Management CLI の操作

操作名 説明
add-namespace namespaces 属性のマップに名前空間プレフィックスマッピングを追加します。
add-schema-location schema-locations 属性のマップにスキーマロケーションマッピングを追加します。
delete-snapshot snapshots ディレクトリからサーバー設定のスナップショットを削除します。
full-replace-deployment 以前にアップロードされたデプロイメントコンテンツを使用可能なコンテンツの一覧に追加して、ランタイムの同名の既存コンテンツを置き換え、その置き換えられたコンテンツを使用可能なコンテンツの一覧から削除します。詳細はリンク先を参照してください。
list-snapshots snapshots ディレクトリに保存されているサーバー設定のスナップショットを一覧表示します。
read-attribute 選択したリソースの属性値を表示します。
read-children-names 指定タイプの選択したリソース配下にあるすべての子リソースの名前を表示します。
read-children-resources 指定のタイプであるすべての子リソースに関する情報を表示します。
read-children-types 選択したリソースの配下にあるすべての子リソースのタイプ名を表示します。
read-config-as-xml 現在の設定を読み込み、XML 形式で表示します。
read-operation-description 特定のリソースに対する操作の詳細を表示します。
read-operation-names 特定のリソースに対する全操作の名前を表示します。
read-resource モデルリソースの属性値および任意の子リソースの基本情報もしくは詳細情報を表示します。
read-resource-description リソースの属性、子リソースのタイプ、および操作についての詳細を表示します。
reload 全サービスをシャットダウンして再起動することにより、サーバーを再ロードします。
remove-namespace namespaces 属性マップから名前空間プレフィックスマッピングを削除します。
remove-schema-location schema-locations 属性マップからスキーマロケーションマッピングを削除します。
replace-deployment ランタイムの既存コンテンツを新規コンテンツに置き換えます。新規コンテンツはデプロイメントコンテンツリポジトリに事前にアップロードしておく必要があります。
resolve-expression 式を、式へ解析可能な入力または文字列として許可し、ローカルのシステムプロパティーおよび環境変数に対して解決する操作です。
resolve-internet-address インターフェース解決基準のセットを取得し、基準に一致するローカルマシンで IP アドレスを見つけます。一致する IP アドレスがない場合は失敗します。
server-set-restart-required 再起動が必要なモードにサーバーを設定します。
shutdown System.exit(0) の呼び出しにより、サーバーをシャットダウンします。
start-servers 現在実行されていないすべての設定済みサーバーを管理対象ドメインで起動します。
stop-servers 管理対象ドメインで現在実行しているすべてのサーバーを停止します。
take-snapshot サーバー設定のスナップショットを作成し、snapshots ディレクトリに保存します。
upload-deployment-bytes 含まれるバイト配列のデプロイメントコンテンツは、デプロイメントコンテンツリポジトリに追加する必要があることを指定します。この操作は、コンテンツをランタイムへデプロイする必要があるとは指定しない点に注意してください。
upload-deployment-stream 含まれる入力ストリームインデックスで利用可能なデプロイメントコンテンツは、デプロイメントコンテンツリポジトリに追加する必要があることを指定します。この操作は、コンテンツがランタイムにデプロイされる必要があることは指定しない点に注意してください。
upload-deployment-url 含まれる URL で利用可能なデプロイメントコンテンツはデプロイメントコンテンツリポジトリに追加する必要があることを指定します。この操作は、コンテンツがランタイムにデプロイされる必要があることは指定しない点に注意してください。
validate-address 操作のアドレスを検証します。
write-attribute 選択したリソースの属性値を設定します。