9.6.10. セキュリティードメインでのセキュリティーマッピングの設定

セキュリティードメインのセキュリティーマッピングを設定するには、管理コンソールにログインして以下の手順を実行します。

手順9.5 タスク

  1. セキュリティードメインの詳細ビューを開きます。

    管理コンソールの右上にある Profiles ラベルをクリックします。管理対象ドメインで、Profile ビューの左上にある Profile 選択ボックスから変更するプロファイルを選択します。左側の Security メニュー項目をクリックし、展開されたメニューで Security Domains をクリックします。編集するセキュリティードメインの View リンクをクリックします。
  2. マッピングサブシステム設定に移動します。

    ビューの最上部の Mapping ラベルをクリックします (まだ設定されていない場合)。
    設定領域が ModulesDetails の 2 つの領域に分割されます。マッピングモジュールは、設定の基本単位です。セキュリティードメインには複数のマッピングモジュールを含めることができ、各ログインモジュールには複数の属性とオプションを含めることができます。
  3. モジュールを追加します。

    Add ボタンをクリックしてセキュリティーマッピングモジュールを追加します。モジュールの詳細を記入します。Code がモジュールのクラス名です。Type フィールドは、このモジュールが実行するマッピングのタイプを示します。許可される値は、principal、role、attribute、または credential です。
    モジュールを追加したら、画面の Details セクションで Edit をクリックすることにより、Code または Type を変更できます。Attributes タブが選択されていることを確認します。
  4. モジュールオプションを追加、編集、または削除します (任意)。

    モジュールにオプションを追加する必要がある場合は、Modules リストのエントリーをクリックし、ページの Details セクションの Module Options タブを選択します。Add ボタンをクリックし、オプションのキーと値を提供します。すでに存在するオプションを編集するには、Remove ラベルキーをクリックして削除するか、新しい値で再び追加します。Remove ボタンを使用してオプションを削除します。
結果

セキュリティーマッピングモジュールは、セキュリティードメインに追加され、セキュリティードメインを使用するアプリケーションですぐに利用できます。