16.2.3. Bean プールの削除

管理コンソールを使用して未使用の Bean プールを削除することが可能です。

前提条件

手順16.3 管理コンソールを使用した Bean プールの削除

  1. 管理コンソールへログインします。「管理コンソールへログイン」 を参照してください。
  2. 右上の Profile をクリックし、左側の Profile パネルの Container 項目を展開して、EJB 3 を選択します。次に、メインパネルから Bean Pools タブを選択します。
    EJB3 Bean プールパネル

    図16.3 EJB3 Bean プールパネル

  3. 一覧より削除する Bean プールを選択します。
  4. Remove ボタンをクリックします。Remove Item ダイアログが表示されます。
  5. OK ボタンをクリックして削除を実行するか、Cancel リンクをクリックして処理を取り消します。
    Ok ボタンをクリックすると、ダイアログが閉じられます。Bean プールが削除され、一覧からも削除されます。
    Cancel をクリックするとダイアログが閉じられ、何も変更されません。

手順16.4 CLI を使用した Bean プールの削除

  1. CLI ツールを起動し、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」を参照してください。
  2. 次の構文で remove 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=BEANPOOLNAME:remove
    • BEANPOOLNAME を Bean プールの必要な名前に置き換えます。

例16.3 CLI を使用した Bean プールの削除

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3/strict-max-bean-instance-pool=ACCTS_BEAN_POOL:remove  
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]