Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 自動インストール

本セクションでは、インストール USB ドライブにキックスタートファイルを追加して、Red Hat Enterprise Linux を自動でインストールして登録する方法について説明します。以下の手順を使用すると、複数のマシンに Red Hat Enterprise Linux をデプロイできます。

USB 起動メディアの生成

  1. キックスタートファイルにインストールを記録します。
    1. Red Hat Enterprise Linux を手動で一度インストールします。詳細は 「対話型インストール」 を参照してください。
    2. インストールされたシステムを起動します。インストール中に、Anaconda/root/anaconda-ks.cfg ファイルに設定を伴うキックスタートファイルを作成しています。
  2. Red Hat Enterprise Linux インストール DVD ISO ファイルを /tmp/ ディレクトリーにダウンロードします。
  3. インストール ISO ファイルを /mnt/ ディレクトリーにマウントします。以下に例を示します。
    # mount -o loop /tmp/rhel-server-7.3-x86_64-dvd.iso /mnt/
  4. 作業ディレクトリーを作成し、そのディレクトリーに DVD コンテンツをコピーします。以下に例を示します。
    # mkdir /root/rhel-install/
    # shopt -s dotglob
    # cp -avRf /mnt/* /root/rhel-install/
  5. ISO ファイルをアンマウントします。
    # umount /mnt/
  6. インストール中に生成されたキックスタートファイルを作業ディレクトリーにコピーします。
    # cp /root/anaconda-ks.cfg /root/rhel-install/
  7. インストール後に Red Hat Enterprise Linux を自動登録して、サブスクリプションをアタッチするには、以下を /root/rhel-install/anaconda-ks.cfg ファイルに追加します。
    %post
    subscription-manager register --auto-attach --username=user_name --password=password
    %end
  8. インストール DVD ボリューム名を表示させます。
    # isoinfo -d -i rhel-server-7.3-x86_64-dvd.iso | grep "Volume id" | \
    sed -e 's/Volume id: //' -e 's/ /\\x20/g'
    RHEL-7.3\x20Server.x86_64
  9. 新しいメニューエントリーを、キックスタートファイルを使用する /root/rhel-install/isolinux/isolinux.cfg 起動ファイルに追加します。以下に例を示します。
    #######################################
    label kickstart
    menu label ^Kickstart Installation of RHEL7.3
    kernel vmlinuz
    
    append initrd=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64 inst.ks=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64:/anaconda-ks.cfg
    #######################################
    注記
    inst.stage2=hd:LABEL= オプションおよび inst.ks=hd:LABEL= オプションは、直前の手順で取得した DVD ボリューム名に設定します。
  10. 作業ディレクトリーから /root/rhel-ks.iso ファイルを作成する前に、USB UEFI boot または CDROM UEFI boot に以下の手順を実行します。
    • USB UEFI boot については、以下の手順に従います。
      1. ボリュームをマウントします。
        # mount /root/rhel-install/images/efiboot.img /mnt/
      2. /mnt/EFI/BOOT/grub.cfg ファイルを編集します。
      3. 新しいメニューエントリーを追加します。
        #######################################
        'Kickstart Installation of RHEL-7.3' --class fedora --class gnu-linux --class gnu --class os {
                linuxefi /images/pxeboot/vmlinuz inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64 inst.ks=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64:/anaconda-ks.cfg
                initrdefi /images/pxeboot/initrd.img
        }
        #######################################
      4. ボリュームをアンマウントします。
         # umount /mnt
    • CDROM UEFI boot については、以下の手順に従います。
      1. /root/rhel-install/EFI/BOOT/grub.cfg ファイルを編集します。
      2. 新しいメニューエントリーをファイルに追加します。
        #######################################
        'Kickstart Installation of RHEL-7.3' --class fedora --class gnu-linux --class gnu --class os {
                linuxefi /images/pxeboot/vmlinuz inst.stage2=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64 inst.ks=hd:LABEL=RHEL-7.3\x20Server.x86_64:/anaconda-ks.cfg
                initrdefi /images/pxeboot/initrd.img
        }
        #######################################
  11. 作業ディレクトリーから /root/rhel-ks.iso ファイルを作成します。
    # mkisofs -untranslated-filenames -volid "RHEL-7.3 Server.x86_64" -J -joliet-long -rational-rock -translation-table -input-charset utf-8 -b isolinux/isolinux.bin -c isolinux/boot.cat -no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table -eltorito-alt-boot -e images/efiboot.img -no-emul-boot -o /root/rhel-ks.iso -graft-points /root/rhel-install/
    注記
    前の手順で取得した DVD ボリューム名に -V オプションを設定し、文字列の \x20 はスペースに置き換えます。
  12. mkisofs コマンドで作成した ISO イメージをブート可能にします。
    # isohybrid --uefi /root/rhel-ks.iso
  13. インストール USB ドライブを作成します。詳細は 「Linux での USB インストールメディアの作成」 を参照してください。

キックスタートファイルを使用した Red Hat Enterprise Linux のインストール

  1. インストール USB ドライブを起動します。7章64 ビット AMD、Intel、および ARM システムでのインストールの起動 を参照してください。
  2. 「自動インストール」 で作成したキックスタート設定でエントリーを選択します。