第6章 Anaconda を使用したインストール

本章では、Anaconda インストーラーを使って Red Hat Enterprise Linux をインストールするステップごとの手順を説明しています。本章の大部分では、グラフィカルユーザーインタフェースを使用したインストールを説明しています。グラフィカルディスプレイのないシステムではテキストモードが利用可能ですが、このモードは特定の機能 (カスタマイズのパーティション設定ができないなど) に制限があります。
お使いのシステムにグラフィカルモードを使用する機能がない場合は、以下が可能です。

6.1. Anaconda の概要

Red Hat Enterprise Linux のインストーラーである Anaconda は、その並立的な性質のために他のオペレーティングシステムインストールプログラムとは異なるものになっています。ほとんどのインストーラーは、決まった方法を実行します。例えば、最初に言語を選択、次にネットワークを設定、それからインストールタイプ、パーティション設定、といったようにです。ある時点における進行方法は通常、1 つのみです。
Anaconda で最初に選択する必要があるものは言語とロケールのみで、次に中央画面が表示されます。ここでは、好きな順序でインストールのほとんどの要素を設定することができます。ただし、これはインストールのすべての部分に該当するわけではありません。例えば、ネットワークからインストールする場合は、インストールするパッケージが選択可能となる前にネットワークを設定する必要があります。
お使いのハードウェアやインストールを開始するメディアタイプによっては、自動で設定される画面もいくつかあります。その場合でも、検出された設定は変更することが可能です。自動設定されず、インストール前にユーザーの作業が必要となる画面には、感嘆符が付いています。実際のインストールプロセスを開始するには、これらの設定を完了する必要があります。
特定の画面ではさらなる違いがあります。特に、カスタムのパーティション設定プロセスは他の Linux ディストリビューションとは非常に異なります。これらの違いについては、各画面のサブセクションで説明します。