8.2. ハードウェアの互換性について

Red Hat Enterprise Linux 7 (ビッグエンディアン) は、POWER6 および POWER7 のプロセッサーシリーズを使用する IBM Power Systems サーバーと互換性があります。POWER6 およびそれ以前のプロセッサーはサポートされなくなります。
Red Hat Enterprise Linux バージョン 7.1 から IBM Power Systems 向けにリトルエンディアンのバリアントも提供されるようになっています。このバリアントは POWER8 プロセッサーとのみ互換性があり、ベアメタルハードウェア上ではなく KVM ゲストとしてのみサポートされます。
対応しているハードウェアの最新一覧は、https://access.redhat.com/ecosystem/search/#/category/Server にある 『Red Hat Hardware Compatibility List』 で確認できます。また、システム要件についての全般的な情報は、Red Hat Enterprise Linux テクノロジの機能と制限 を参照してください。