10.2. ハードウェアの互換性について

Red Hat Enterprise Linux 7 (ビッグエンディアン) は、POWER6 および POWER7 のプロセッサーシリーズを使用する IBM Power Systems サーバーと互換性があります。POWER6 およびそれ以前のプロセッサーはサポートされなくなります。
Red Hat Enterprise Linux では、IBM Power Systems 向けにリトルエンディアンのバリアントも提供されています。このバリアントは現在 POWER8 プロセッサーとの互換性があり、Power 向け Red Hat Enterprise Virtualization、PowerVM、および PowerNV (ベアメタル) 上での KVM ゲストとしてサポートされています。
対応しているハードウェアの最新一覧は、https://access.redhat.com/ecosystem/search/#/category/Server にある 『Red Hat Hardware Compatibility List』 で確認できます。また、システム要件についての全般的な情報は、Red Hat Enterprise Linux テクノロジの機能と制限 を参照してください。