付録E ext4 と XFS コマンドの参照表

Red Hat Enterprise Linux 7 では、XFS が ext4 に代わってデフォルトのファイルシステムになります。一般的なファイルシステム操作の作業に対する ext4 でのコマンドと XFS でのコマンドとの違いを以下の相互参照表で示します。

表E.1 ext4 と XFS コマンドの参照表

作業ext4XFS
ファイルシステムを作成するmkfs.ext4mkfs.xfs
ファイルシステムをマウントするmountmount
ファイルシステムのサイズを変更するresize2fsxfs_growfs [a]
ファイルシステムの準備を整えるe2fsckxfs_repair
ファイルシステムのラベルを変更するe2labelxfs_admin -L
ディスク領域およびファイル使用量を報告するquotaquota
ファイルシステムをデバッグするdebugfsxfs_db
ファイルシステムの重要なメタデータをファイルに保存するe2imagexfs_metadump
[a] XFS ファイルシステムのサイズは縮小できません。サイズを拡大する場合にのみコマンドを使用します。