6.6. インストールの概要画面

インストールの概要 画面は、インストール設定の中心となる画面です。
インストールの概要

図6.4 インストールの概要

Red Hat Enterprise Linux Atomic Host の場合は インストールの概要 画面は異なります。これは、ソフトウェア選択関連のメニューアイテムや kdump ユーティリティーが含まれていないためです。
Red Hat Enterprise Linux Atomic Host の インストールの概要 画面

図6.5 Red Hat Enterprise Linux Atomic Host の インストールの概要 画面

Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、画面が次々と表示されるのではなく、ユーザーが選択する順番でインストールを設定できます。
マウスを使って、設定するインストールセクションのメニューアイテムを選択します。そのセクションの設定が完了したら、あるいは他のセクションを先に設定したい場合は、画面の左上にある完了 ボタンをクリックします。
警告マークのついているセクションのみが必須となります。インストール開始前にこれらのセクションを完了させる必要があることを、画面下のメッセージで警告しています。その他のセクションはオプションになります。各セクションのタイトルの下には、現行設定の概要が示されています。これを参考にして、該当セクションの設定が必要かどうかを決めることができます。
必須セクションすべてが完了したら、インストールの開始 ボタンをクリックします。「インストールの開始」 も参照してください。
インストールを取り消す場合は 終了 ボタンをクリックします。

注記

バックグラウンドでタスクが実行されている間は、特定のメニューアイテムが一時的にグレーで表示され使用できなくなることがあります。
キックスタートのオプションまたは起動コマンドラインのオプションを使用し、ネットワーク上にあるインストールリポジトリーを指定したもののインストール開始時にネットワークが利用できない状態になっている場合には、インストールの概要 画面が表示される前にネットワーク接続の設定を求める設定画面が表示されます。
ネットワークが検出されない場合のネットワーク設定画面

図6.6 ネットワークが検出されない場合のネットワーク設定画面

インストール DVD もしくはローカルでアクセス可能なメディアからインストールするため、インストールの完了にネットワークアクセスは必要ないことが明らかな場合はこのステップを省略しても構いません。しかし、ネットワークインストール (「インストールソース」 を参照) や高度なストレージデバイスの設定 (「ストレージデバイス」 を参照) を行う場合にはネットワーク接続が必要になります。インストールプログラムでネットワークを設定する方法については 「ネットワークとホスト名」 を参照してください。