5.5. ディスク領域およびメモリーに関する要件

Red Hat Enterprise Linux など最近のオペレーティングシステムは ディスクパーティション を使用しています。Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合、ディスクパーティションの設定作業が必要になることがあります。詳細については「付録A ディスクパーティションの概要」を参照してください。
お使いのシステム上に別のオペレーティングシステムがインストールされている場合は、そのオペレーティングシステムが使用するディスク領域は、Red Hat Enterprise Linux が使用するものとは別にする必要があります。

注記

AMD64/Intel 64 および ARM システムでは、少なくとも 2 つのパーティション (/ および swap) を Red Hat Enterprise Linux 専用にする必要があります。
Red Hat Enterprise Linux のインストールには、パーティション未設定のディスクまたは削除可能なパーティションのいずれかに少なくとも 10 GiB の領域が必要になります。パーティションおよびディスク領域の推奨値については、「推奨されるパーティション設定スキーム」の推奨パーティションサイズを参照してください。
Red Hat Enterprise Linux の必要最小限の RAM は以下のとおりです。
インストールタイプ必要最小限の RAM サイズ
ローカルメディアによるインストール (USB, DVD)768 MiB
NFS ネットワークインストール768 MiB
HTTP、HTTPS、または FTP ネットワークインストール1.5 GiB

注記

本セクションに記載した値より少ないメモリーでも、インストールを実施することは可能です。ただし、正確な要件は、環境や実際のインストールパスに大きく依存し、新しいリリースごとでも変わります。したがって、特定のユースケースに必要な最小限の RAM を正確に把握するためには、さまざまな構成でテストを行い、新しいリリースごとに定期的に再テストする必要があります。
キックスタートファイルを使って Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合には、手動でのインストールの場合と同様の最低 RAM 要件があります。ただし、使用するキックスタートファイルで、新たなメモリーを必要とするコマンドやデータを RAM ディスクに書き込むコマンドを実行する場合は、追加の RAM が必要になることもあります。
Red Hat Enterprise Linux 7 の最小要件および技術的制限については、Red Hat カスタマーポータルのRed Hat Enterprise Linux technology capabilities and limitsの記事を参照してください。