8.7. ディスク領域およびメモリーに関する要件

Red Hat Enterprise Linux など最近のオペレーティングシステムは ディスクパーティション を使用しています。Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合、ディスクパーティションの設定作業が必要になることがあります。ディスクパーティションの詳細については 付録A ディスクパーティションの概要 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux で使用されるディスク領域は、システムにインストールしている可能性のある他のオペレーティングシステムで使用されるディスク領域とは別々にしてください。

注記

IBM Power Systems サーバーでは、少なくとも 3 つのパーティション (/swap および PReP ブートパーティション) を Red Hat Enterprise Linux 専用にする必要があります。
Red Hat Enterprise Linux のインストールには、パーティション未設定のディスクまたは削除可能なパーティションのいずれかに少なくとも 10 GB の領域が必要になります。パーティションおよびディスク領域の推奨値については、「推奨されるパーティション設定スキーム」 の推奨パーティションの記載を参照してください。
インストールプログラムも 2 GB の RAM がシステム上で利用可能になっている必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7 の最小要件および技術的制限については、Red Hat カスタマーポータルの Red Hat Enterprise Linux テクノロジの機能と制限 の記事を参照してください。