Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.2. ディスクのパーティション再設定に関する戦略

ディスクのパーティションを再設定する場合、いくつか異なる方法があります。本セクションでは、以下のアプローチについて説明します。
  • パーティションが分割されていない空き領域が利用できる。
  • 未使用のパーティションが利用可能である。
  • アクティブに使用されているパーティションの空き領域が利用可能である。
本セクションでは、前述の概念について理論的にのみ説明し、ディスクのパーティションの再作成を段階的に実行する手順については説明しません。このような詳細情報は、本書では扱いません。
注記
以下の図は、分かりやすく、実際に Red Hat Enterprise Linux をインストールする際に発生する正確なパーティションレイアウトを反映していないことに注意してください。

A.2.1. パーティションが未設定の空き領域の使用

この状況では、既に定義されているパーティションはハードディスク全体に及んでおらず、定義済みのパーティションの一部ではない未割り当ての領域が残っています。次の図は、これがどのようになるかを示しています。

図A.8 パーティションが未設定の空き領域を持つディスクドライブ

パーティションが未設定の空き領域を持つディスクドライブ
上記の例の 1 では、パーティションが未定義で領域も割り当てられていない状態を示しています。2 では、パーティションが定義され領域も割り当てられている状態を示しています。
未使用のハードディスクもこのカテゴリーに分類されます。唯一の違いは、すべて の領域が定義されたパーティションの一部ではないことです。
いずれの場合も、未使用の領域から必要なパーティションを作成できます。ただし、Red Hat Enterprise Linux 用に新しいディスクを購入したばかりというような状況でない限り、このような非常に単純な状況になる可能性はあまりありません。ほとんどのプレインストールのオペレーティングシステムは、ディスクドライブで使用できる領域をすべて占有するよう構成されています (「使用中パーティションの空き領域の使用」を参照)。