A.2. ディスクのパーティション再設定に関するストラテジー

ディスクのパーティションを再設定する場合、いくつか異なる方法があります。このセクションでは以下の状況について説明します。
  • パーティションが未設定の空き領域がある
  • 未使用のパーティションがある
  • 使用中のパーティションの中に空き領域がある
このセクションでは、上記の概念を理論的に説明しているだけで、実際にパーティションを再設定する詳細な手順については本セクションの対象外となります。

注記

以下のイラストは分かりやすくするために簡素化されており、実際に Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合に遭遇するようなパーティションレイアウトとは異なります。

A.2.1. パーティションが未設定の空き領域を使用する

この場合、まだ定義済みのパーティションでハードディスク全体が占められていないため、いずれの定義済みパーティションにも属さない未割り当ての領域が残っています。図A.8「パーティションが未設定の空き領域を持つディスクドライブ」 でこの状態を示します。
パーティションが未設定の空き領域を持つディスクドライブ

図A.8 パーティションが未設定の空き領域を持つディスクドライブ

上記の例の 1 では、パーティションが未定義で領域も割り当てられていない状態を示しています。2 では、パーティションが定義され領域も割り当てられている状態を示しています。
未使用のハードディスクもこれに該当します。唯一の違いは、すべての 領域がいずれの設定済みパーティションにも属さないという点です。
いずれの場合も、未使用の領域を使って必要なパーティションを作成することができます。しかし、Red Hat Enterprise Linux 用に新しいディスクを購入したばかりというような状況でない限り、このような非常に単純な状況になる可能性はあまりありません。ほとんどのプレインストールのオペレーティングシステムは、ディスクドライブで使用できる領域をすべて占有するよう構成されています (「使用中のパーティションの空き領域を使用する」 を参照)。

A.2.2. 未使用のパーティションの領域を使用する

使用しなくなったパーティションが 1 つまたは複数ある状況です。図A.9「未使用のパーティションがあるディスクドライブ」 にこのような状況を示します。
未使用のパーティションがあるディスクドライブ

図A.9 未使用のパーティションがあるディスクドライブ

上記の例の 1 では、未使用のパーティションがある状態を示しています。2 では、未使用のパーティションをLinux 用に再割り当てした状態を示しています。
この場合、未使用のパーティションに割り当てられている領域を使用します。まず、未使用のパーティションを削除し、次に、その場所に適切な Linux パーティションを作成します。未使用のパーティションの削除および新規パーティションの作成はインストール中に手動で行うことができます。

A.2.3. 使用中のパーティションの空き領域を使用する

これが最も一般的な状況です。ただし、最も扱いにくい状況でもあります。一番の問題は、たとえ十分な空き領域がある場合でも、それがすでに使用中のパーティションに割り当てられているということです。ソフトウェアが事前にインストールされているコンピューターを購入した場合、通常はハードディスクに OS とデータを格納した 1 つの大きなパーティションがあります。
システムに新しくハードディスクドライブを追加する以外に、2 つの選択肢があります。
Destructive Repartitioning
このケースでは、単一の大きなパーティションを削除して、いくつかの小さなパーティションを作成します。元のパーティションに格納されていたデータはすべて失われます。このため、完全なバックアップが必要になります。パーティションを削除するに、バックアップを 2 部作成し、検証機能 (ソフトウェアにこの機能がある場合) を使用してバックアップデータを読み込めるかどうかを試してください。

警告

パーティションにオペレーティングシステムがインストールされていて、そのシステムも使用する場合は、そのシステムの再インストールが必要になります。プレインストールのオペレーティングシステムが搭載されたコンピューターの場合、オリジナルのオペレーティングシステムを再インストールするためのインストールメディアが含まれていないことがあるので注意してください。オリジナルのパーティションおよびオペレーティングシステムの破棄を行う前に、ご使用のコンピューターがこれに該当するかどうか必ず確認してください。
既存のオペレーティングシステム用に小さめのパーティションを作成したら、ソフトウェアの再インストール、データの復元、そして Red Hat Enterprise Linux のインストールなどを開始することができます。図A.10「破壊的なパーティション再設定が行われたディスクドライブ」 では、これらの作業を行った状態を示します。
破壊的なパーティション再設定が行われたディスクドライブ

図A.10 破壊的なパーティション再設定が行われたディスクドライブ

上記の例では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。

警告

オリジナルのパーティションにあったデータはすべて失われます。
Non-Destructive Repartitioning
非破壊的なパーティション再設定を行う場合、パーティションに含まれるファイルを失うことなくその大きなパーティションを小さくするプログラムを実行します。一般的に、プログラムの動作は確実で信頼できますが、大容量ドライブの場合にはかなり時間がかかることがあります。
非破壊的なパーティションの再設定は比較的簡単ですが、以下の 3 つの手順が必要となります。
  1. 既存データの圧縮とバックアップ
  2. 既存パーティションのサイズ変更
  3. 新規パーティションの作成
各ステップについて詳しく説明していきます。

A.2.3.1. 既存データの圧縮

下図で示しているように、最初のステップでは既存パーティション内でデータを圧縮します。これを実行する理由は、データを再構成することでパーティションの 「後部にある」 使用可能な空き領域を最大化するためです。
圧縮する前と後のディスクドライブ

図A.11 圧縮する前と後のディスクドライブ

上記の例では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。
このステップは非常に重要です。このステップを実行しないと、データが存在する場所によっては希望通りにパーティションのサイズを変更できなくなります。様々な理由で移動できないデータがあることも留意してください。データが移動できず新しく作成するパーティションのサイズが大幅に制限されてしまう場合には、破壊的なディスクのパーティション再設定が必要となることがあります。

A.2.3.2. 既存パーティションのサイズ変更

図A.12「既存パーティションのサイズを変更したディスクドライブ」 では、実際のサイズ変更のプロセスを示しています。実際のサイズ変更の結果は使用するソフトウェアによって異なりますが、ほとんどの場合、新たに解放された領域を使用して、元のパーティションと同じタイプのフォーマットされていないパーティションが作成されます。
既存パーティションのサイズを変更したディスクドライブ

図A.12 既存パーティションのサイズを変更したディスクドライブ

上記の例では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。
使用しているサイズ変更用ソフトウェアが、新たに解放された領域をどのように処理するのか理解すると、それに準じて適切なステップに進むことができます。ここでは、新しくできた DOS パーティションを削除して、目的の Linux パーティションを作成します。

A.2.3.3. 新規パーティションの作成

前の手順で示されるように、新しいパーティションの作成が必要な場合とそうでない場合があります。しかし、使用しているサイズ変更ソフトウェアが Linux をインストールしたシステムに対応している場合を除き、サイズ変更のプロセスで作成されたパーティションは削除する必要があるでしょう。図A.13「目的のパーティション持たせた最終構成のディスクドライブ」 では、パーティションを削除して新規のパーティションを作成した最終的な状態を示します。
目的のパーティション持たせた最終構成のディスクドライブ

図A.13 目的のパーティション持たせた最終構成のディスクドライブ

上記の例では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。