Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3. z/VM へのインストール

z/VM 環境にインストールする場合は、以下から起動できます。
  • z/VM 仮想リーダー
  • DASD または FCP 接続の SCSI デバイス (zipl ブートローダーの準備が完了しているもの )
  • FCP 接続の SCSI DVD ドライブ
Linux インストールに選択した z/VM ゲストの仮想マシンにログオンします。Red Hat Enterprise Linux の x3270-text パッケージで利用可能な x3270 または c3270 端末エミュレーターを使用して、他の Linux システムから z/VM にログインできます。または、IBM Z HMC (ハードウェア管理コンソール) の IBM 3270 端末エミュレーターを使用することもできます。Microsoft Windows オペレーティングシステム搭載のマシンから作業する場合には、Jolly Giant (http://www.jollygiant.com/) で SSL 対応 3270 エミュレーターを使用できます。wc3270 という名前の c3270 のフリーなネイティブ Windows ポートもあります。
注記
使用中の 3270 接続が割り込みを受け、それまでのセッションがまだアクティブなために再ログインができない場合は、z/VM ログイン画面で以下のコマンドを入力すると、それまでのセッションを新規のセッションに置き換えることができます。
logon user ここでは、以下のようになります。
user には z/VM ゲスト仮想マシンの名前を入れてください。RACF などの外部セキュリティーマネージャーが使用されているかどうかによって、ログオンコマンドが異なる場合があります。
ゲスト内でまだ CMS (z/VM 同梱のシングルユーザー用オペレーティングシステム) を実行していない場合は、以下のコマンドを実行してここで起動します。
cp ipl cms
インストールターゲットには、A ディスク (多くの場合デバイス番号は 0191) などの CMS ディスクを使用しないようにしてください。CMS で使用されているディスクを確認するには、以下のクエリーを使用します。
query disk
以下の CP (z/VM ハイパーバイザーである z/VM 制御プログラム) の query コマンドを使用すると、z/VM ゲスト仮想マシンのデバイス構成を確認できます。
  • 利用できるメインメモリーをクエリーします。IBM Z の用語では ストレージ と呼ばれています。IBM Z の用語では {0>storage<0} と呼ばれています。 ゲストには少なくとも 1 GB のメインメモリーが必要です。
    cp query virtual storage
  • 利用できるネットワークデバイスを以下のタイプ別にクエリーします。
    osa
    OSA - CHPID タイプ OSD、物理または仮想 (VSWITCH または GuestLAN)、いずれも QDIO モード
    hsi
    HiperSockets - CHPID タイプ IQD、物理または仮想 (GuestLAN タイプ Hipers)
    lcs
    LCS - CHPID タイプ OSE
    たとえば、上記のネットワークデバイスタイプをすべて問い合わせる場合は、次を実行します。
    cp query virtual osa
  • 利用できる DASD をクエリーします。インストールターゲットとして使用できるのは、RW のフラグが付いた読み取り専用モードの DASD のみです。
    cp query virtual dasd
  • 利用できる FCP チャネルをクエリーします。
    cp query virtual fcp

16.3.1. z/VM リーダーの使用

以下の手順に従って z/VM リーダーから起動します。
  1. 必要に応じて、z/VM の TCP/IP ツールを含むデバイスを CMS ディスクの一覧に追加します。以下に例を示します。
    cp link tcpmaint 592 592
    acc 592 fm
    fm には FILEMODE 文字を入れます。
  2. コマンドを実行します。
    ftp host
    host には起動用イメージ (kernel.imginitrd.img) をホストする FTP サーバーのホスト名または IP アドレスを入れます。
  3. ログインして以下のコマンドを実行します。既存の kernel.img ファイル、initrd.img ファイル、generic.prm ファイル、または redhat.exec ファイルを上書きしている場合は、(repl オプションを使用します。
    cd /location/of/install-tree/images/
    ascii 
    get generic.prm (repl 
    get redhat.exec (repl 
    locsite fix 80 
    binary 
    get kernel.img (repl 
    get initrd.img (repl 
    quit
  4. オプションとして、CMS コマンド filelist を使用して受信したファイルとその形式を表示することにより、ファイルが正しく転送されたかどうかをチェックします。Format コラムで kernel.imginitrd.img のレコードの長さが固定形式を示す F になっていること、Lrecl コラムでそのレコードの長さが 80 になっていることが重要になります。以下に例を示します。
    VMUSER FILELIST A0 V 169 Trunc=169 Size=6 Line=1 Col=1 Alt=0
    Cmd Filename	Filetype	Fm	Format	Lrecl	Records	Blocks	Date	Time
    REDHAT	EXEC		B1	V	22	1 	1	4/15/10	9:30:40
    GENERIC	PRM		B1	V	44	1	1	4/15/10	9:30:32
    INITRD	IMG		B1	F	80	118545	2316	4/15/10	9:30:25
    KERNEL	IMG		B1	F	80	74541	912	4/15/10	9:30:17
    
    PF3 を押して filelist を終了し、CMS プロンプトに戻ります。
  5. 必要に応じて、generic.prm 内の起動パラメーターをカスタマイズします。詳細は 「ブートパラメーターのカスタマイズ」 を参照してください。
    CMS 設定ファイルを使用して、ストレージデバイスおよびネットワークデバイスを設定する方法もあります。そのような場合は、CMSDASD= および CMSCONFFILE= パラメーターを generic.prm に追加します。詳細は 「z/VM 設定ファイル」 を参照してください。
  6. 最後に、REXX スクリプト redhat.exec を実行してインストールプログラムを起動します。
    redhat