Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. USB インストールメディアの作成

CD や DVD ではなく、USB ドライブまたは SD カードで起動可能なメディアを作成し、64 ビット AMD、Intel、または ARM システムに Red Hat Enterprise Linux をインストールすることもできます。Linux システム上で作成するのか Windows システム上で作成するのかにより、作成手順が異なります。最小限の起動メディア、完全インストール用のメディアはいずれも同じ手順で作成できます。USB ドライブを使用する場合はその容量に注意してください。イメージ全体を収納できる十分な容量、つまり最小限の起動メディアであればおよそ 450 MB、完全インストール用のメディアであれば 4.8 GB の容量の USB ドライブが必要になります。

3.2.1. Linux での USB インストールメディアの作成

次の手順では、Linux システムを使用していること、また「2章Red Hat Enterprise Linux のダウンロード」で説明されているように適切な ISO イメージをすでにダウンロードしていることを前提としています。ほとんどの Linux ディストリビューションでは、特に追加のパッケージをインストールしなくても記載の手順で正しく動作します。
警告
この手順を実行すると、すべて破棄されます。USB フラッシュドライブ上のデータは、警告なしで破棄されます。このため、正しいドライブを指定していること、またドライブに、保存の必要があるデータが含まれていないことを必ず確認しておいてください。
多くの Linux ディストリビューションでは、ライブ USB メディアを作成する独自のツールが含まれています (Fedora では liveusb-creator、Ubunto などは usb-creator)。こうしたツールの説明については本ガイドの範疇を超えてしまうため、ここでは説明していません。次の手順に従うと、ほとんどの Linux システムで USB メディアを作成することができます。

手順3.1 Linux での USB メディアの作成

  1. USB フラッシュドライブをシステムに挿入してから dmesg コマンドを実行します。最近のイベントの詳細を示すログが表示されます。このログの末尾の方に、今 USB を挿入したことを示すメッセージが表示されているのを確認します。以下にメッセージの例を示します。
    [ 170.171135] sd 5:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk
    接続デバイスの名前をメモしておきます。この例の場合、sdb がデバイス名です。
  2. root でログインします。
    $ su -
    プロンプトに従い root パスワードを入力します。
  3. デバイスがマウントされていないことを確認します。まず、findmnt device コマンドと前の手順でメモしておいたデバイス名を使います。デバイス名が sdb なら、コマンドは次のようになります。
    # findmnt /dev/sdb
    コマンドから何も出力されなければ次の手順に進むことができます。何らかの出力がある場合は、デバイスが自動的にマウントされたことを示しているため、次に進む前にそのデバイスをアンマウントしておく必要があります。出力の例は、以下のようになります。
    # findmnt /dev/sdb
    TARGET   SOURCE   FSTYPE  OPTIONS
    /mnt/iso /dev/sdb iso9660 ro,relatime
    
    TARGET のコラムをメモしておきます。次に umount target コマンドを使ってデバイスをアンマウントします。
    # umount /mnt/iso
  4. dd コマンドを使ってインストール用の ISO イメージを 直接 USB デバイスに書き込みます。
    # dd if=/image_directory/image.iso of=/dev/device bs=blocksize
    /image_directory/image.iso は、ダウンロードした ISO イメージファイルへの完全パスに、device は先程 dmesg コマンドでレポートされたレポート名に、blocksize は、書き込みプロセスの時間を短縮するのに妥当なブロックサイズ (例: 512k) に置き換えます。bs パラメーターはオプションですが、プロセスを大幅に高速化できます。
    重要
    デバイス名には、デバイスのパーティション名 (/dev/sda1) ではなく、コマンドからの出力を指定してください (/dev/sda など)。
    たとえば、ISO イメージが /home/testuser/Downloads/rhel-server-7-x86_64-boot.iso にあり、検出されたデバイス名が sdb の場合、コマンドは次のようになります。
    # dd if=/home/testuser/Downloads/rhel-server-7-x86_64-boot.iso of=/dev/sdb bs=512k
  5. dd によるデバイスへのイメージ書き込みが終了するまで少し時間がかかります。進捗バーが表示されない点に注意してください。# プロンプトが再度表示されるとデータ転送が終了しています。プロンプトが表示されたら、root アカウントからログアウトして、USB ドライブを取り外します。
これで USB ドライブを起動デバイスとして使用する準備が整いました。AMD、Intel、および ARM システムの場合は「7章64 ビット AMD、Intel、および ARM システムでのインストールの起動」、IBM Power Systems サーバーの場合は「12章IBM Power Systems でのインストールの起動」をお読みください。
注記
IBM Power Systems サーバーで仮想化以外のインストール (「ベアメタル」インストールとも呼ばれる) を行うには、inst.stage2= 起動オプションを指定する必要があります。inst.stage2= 起動オプションの詳細は、 「ブートメニューによるインストールシステムの設定」 を参照してください。