15.2. IBM Z へのインストール手順の概要

Red Hat Enterprise Linux の IBM Z へのインストールは、対話形式または無人モードで行うことが可能です。IBM Z へのインストールは通常、ローカルメディアからではなく、ネットワーク経由で行われるという点で他のアーキテクチャーと異なります。インストールは以下の 2 つの段階で構成されます。
  1. インストールの起動

    メインフレームに接続し、その後にインストールプログラムを含むメディアから IPL (initial program load)、つまり起動を実行します。詳細は、「16章IBM Z でのインストールの起動」を参照してください。
  2. Anaconda

    インストールプログラムである Anaconda を使ってネットワークの設定、言語サポートやインストールソースの指定、インストールするソフトウェアの指定、残りのインストールを実行します。詳細は、「17章Anaconda を使用したインストール」を参照してください。

15.2.1. インストールの起動

メインフレームとの接続を確立した後に、インストールプログラムを格納しているメディアから IPL (initial program load)、つまり起動を実行する必要があります。本書では、IBM Z への Red Hat Enterprise Linux の最も一般的なインストール方法を説明しています。通常、Linux インストールシステムは少なくとも generic.prm 内にパラメーターがある初期 RAM ディスク (initrd.img) とカーネル (kernel.img) で構成されおり、いずれの方法でも起動できます。また、generic.ins ファイルも読み込まれ、これは initrd、kernel および generic.prm のファイル名とメモリーアドレスを決定します。
本書では、Linux インストールシステムを インストールプログラム とも呼びます。
IPL プロセスを開始できる制御ポイントは Linux を実行する環境によって異なります。Linux を z/VM ゲストのオペレーティングシステムとして実行する場合は、ホストである z/VM の CP (コントロールプログラム) が制御ポイントになります。Linux を LPAR モードで実行する場合は、メインフレームの SE (サポートエレメント) または接続されている IBM Z の HMC (ハードウェア管理コンソール) が制御ポイントになります。
以下の起動用メディアは、Linux を z/VM 環境でゲストのオペレーティングシステムとして実行する場合にのみ使用できます。
以下の起動用メディアは、Linux を LPAR モードで実行する場合にのみ使用できます。
以下の起動用メディアは、z/VM と LPAR の両方に使用できます。
DASD および FCP 接続 SCSI デバイス (SCSI DVD を除く) を起動用メディアとして使用する場合は、設定済みの zipl ブートローダーが必要になります。

15.2.2. Anaconda を使用したインストール

インストールの第 2 段階では、Anaconda インストールプログラムをグラフィカルモード、テキストモード、コマンドラインモードのいずれかで使用します。
グラフィカルモード
グラフィカルなインストールは VNC クライアントを使います。マウスやキーボードを使って画面を移動したり、ボタンをクリックしたり、テキストフィールドへの入力を行ったりすることができます。VNC を使ったグラフィカルなインストールを行う方法については、「24章VNC の使用」を参照してください。
テキストベースモード
GUI のインターフェース要素は一切提供されないため、すべての設定には対応していません。VNC クライアントを使用できない場合に対話式のインストールを行うにはこのモードを使用します。テキストベースのインストールについては「テキストモードでのインストール」を参照してください。
コマンドラインモード
IBM Z に自動で非対話形式のインストールを行うためのモードになります。インストールプログラムに与える必要があるキックスタートコマンドがない、または無効なコマンドを使用すると、システムが再起動されることに注意してください。自動インストールについての詳細は「26章キックスタートを使ったインストール」を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、テキストベースのインストールはユーザー介入を最小限にするように限定されています。FCP 接続の SCSI デバイスでのインストールや パーティションレイアウトのカスタマイズ、パッケージアドオンの選択などの機能は、グラフィカルユーザーインターフェースでのインストールに限られます。可能な限りグラフィカルインストールを使用してください。詳細は「17章Anaconda を使用したインストール」を参照してください。