Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.2. VNC インストールの実行

Anaconda インストールプログラムでは、VNC インストール用に 2 種類のモードが用意されています。これらのモードは Direct Mode および Connect Mode です。Direct モードでは、VNC ビューアーがインストールされているシステムへの接続を開始する必要があります。Connect モードでは、VNC ビューアーへの接続を開始するにはシステムをインストールしておく必要があります。接続が確立されると、この 2 つのモードに違いはありません。選択するモードは、お使いの環境の設定により異なります。
Direct モード
このモードでは、Anaconda でインストールを開始したら VNC ビューアーからの通信を待機するよう設定されます。インストールするシステムで IP アドレスとポートが表示されます。この情報を使って、別のコンピューターからインストールするシステムへの接続を確立します。このため、インストールするシステムで視覚的に対話が可能なアクセスを必要とします。
Connect モード
このモードでは、まずリモートシステム上の VNC ビューアーを リスニングモード で開始します。VNC ビューアーに指定ポートでの着信接続を待機させます。 次に、Anaconda を開始し、起動オプションまたはキックスタートコマンドを使ってリモートシステムのホスト名とポート番号を指定します。インストールが開始されると、インストールプログラムは指定されたホスト名およびポート番号を使用して、リスニング VNC ビューアーで接続を確立します。このため、リモートシステムは、着信ネットワーク接続を許可できるようにしておく必要があります。

VNC インストールモードを選択する際の注意点

  • システムで視覚的に対話可能なアクセス
    • インストールするシステムで視覚的に対話が可能なアクセスがない場合は、Connect モードを使用する必要があります。
  • ネットワーク接続のルールとファイアウォール
    • インストールするシステムでファイアウォールにより着信接続が許可されていない場合は、Connect モードを使用するかファイアウォールを無効にする必要があります。ファイアウォールを無効にすると、セキュリティーに影響を及ぼす可能性があります。
    • VNC ビューアーを実行しているリモートのシステムでファイアウォールにより着信接続が許可されていない場合は、Direct モードを使用するかファイアウォールを無効にする必要があります。ファイアウォールを無効にすると、セキュリティーに影響を及ぼす可能性があります。ファイアウォールの設定方法は『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。
注記
VNC を使ったインストールを開始するには、カスタムの起動オプションを指定する必要があります。これを行う方法は、システムのアーキテクチャーによって異なります。アーキテクチャー固有の設定方法については次を参照してください。

25.2.1. VNC Direct モードでのインストール

Direct モードでは、VNC ビューアーがインストールされているシステムへの接続を開始する必要があります。Anaconda により、この接続を開始するように求められます。

手順25.1 Direct モードで VNC を開始する

  1. インストールされているシステムへの接続に使用するワークステーション上で VNC ビューアーを実行します。たとえば、TigerVNC を使用している場合は、以下のようになります。

    図25.1 TigerVNC の接続詳細

    TigerVNC の接続詳細
  2. インストールシステムを起動し、ブートメニューが表示されるまで待ちます。メニュー内で Tab キーを押して起動オプションを編集します。inst.vnc オプションをコマンドラインの最後に追加します。
    必要に応じて、インストールシステムに VNC アクセスを制限する場合は、inst.vncpassword=PASSWORD 起動オプションも追加します。PASSWORD は、インストールで使用するパスワードに置き換えます。VNC パスワードは 6 文字から 8 文字に設定する必要があります。
    重要
    inst.vncpassword= オプションには一時的なパスワードを使用してください。システムで使用する実際のパスワードまたは root パスワードは指定しないでください。

    図25.2 AMD、Intel、および ARM システムでの VNC ブートオプションの追加

    AMD、Intel、および ARM システムでの VNC ブートオプションの追加
  3. Enter を押してインストールを開始します。システムはインストールプログラムを初期化し、必要なサービスを開始します。システムの準備ができると、以下のようなメッセージが画面上に表示されます。
    13:14:47 Please manually connect your VNC viewer to 192.168.100.131:1 to begin the install.
    IP アドレスとポート番号を書き留めます (上記の例では 192.168.100.131:1)。
  4. VNC ビューアーを稼働しているクライアントシステムで、先の手順で取得した IP アドレスとポート番号を Anaconda で画面表示された形式と同じ形式で Connection Details (接続詳細) ダイアログに入力します。次に、Connect (接続) をクリックします。VNC ビューアーによりインストールシステムに接続されます。VNC パスワードを設定している場合は、プロンプトに応じてこれを入力し、OK をクリックします。
    VNC クライアントの使用に関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド 』の該当するセクションを参照してください。
この手順が終了すると新しいウィンドウが開き、VNC 接続が確立され、インストールメニューが表示されます。システム上での直接インストールと同様に、このウィンドウ内で Anaconda のグラフィカルインターフェースを使用できるようになります。
次のいずれかに進みます。