Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.16. ストレージデバイス

さまざまなストレージデバイスに Red Hat Enterprise Linux をインストールできます。「インストール先」 で説明しているように、インストール先 のページではローカルでアクセスできる基本的なストレージデバイスを確認することができます。特殊なストレージデバイスを追加する場合は、画面の 特殊なディスクおよびネットワークディスク のセクションにある ディスクの追加 ボタンをクリックします。
この画面の ローカルの標準ディスク のセクションには、ハードディスクドライブやソリッドステートドライブなど、ローカルのシステムに直接接続されている基本ストレージデバイスが表示されます。IBM Z の場合、作動している DASD (Direct Access Storage Devices) が表示されます。
警告
既知の問題により、HyperPAV エイリアスとして設定された DASD をインストール後に自動的にシステムにアタッチすることはできません。これらのストレージデバイスはインストール中にこの画面で利用できますが、インストールが完了して再起動しても、すぐにはアクセスできません。HyperPAV エイリアスデバイスをアタッチするには、システムの /etc/dasd.conf 設定ファイルに手動で追加します。手順については、「DASD のオンラインでの永続的な設定」 を参照してください。

図18.26 ストレージ領域の概要

ストレージ領域の概要

18.16.1. ストレージデバイス選択の画面

ストレージデバイス選択の画面には、Anaconda インストールプログラムがアクセスしている全ストレージデバイスが表示されます。
デバイスは、次のタブに分類されます。
マルチパスデバイス
同じシステムにある、複数の SCSI コントローラーやファイバーチャネルポートなどの複数のパスからアクセスできるストレージデバイスです。
重要
インストールプログラムで検出できるのは、16 文字または 32 文字の長さのシリアル番号を持つマルチパスストレージデバイスのみです。
その他の SAN デバイス
単独パスで接続の FCP LUN など、SAN (Storage Area Network) で利用できる他のデバイスです。
ファームウェア RAID
ファームウェア RAID コントローラーに接続されているストレージデバイスです。このタブは、IBM Z では該当しません。
System z デバイス
このタブには、zSeries Linux FCP (ファイバーチャネルプロトコル) ドライバーで接続された ストレージデバイスもしくは LUN (論理ユニット) が含まれています。

図18.27 タブを使ってグループ分けされている特殊ストレージデバイスの概要

タブを使ってグループ分けされている特殊ストレージデバイスの概要
画面右下にボタンが表示されます。これらのボタンを使用して、新たなストレージデバイスを追加します。以下のボタンが利用可能です。
  • Add ZFCP LUN: zFCP ストレージデバイスを追加する場合は、このボタンを押します。「FCP デバイス」 に進んでください。
  • Add DASD: 新たな DASD デバイスを追加する場合は、このボタンを押します。「DASD ストレージデバイス」 に進んでください。
  • iSCSI ターゲットを追加: iSCSI デバイスをアタッチする場合は、このボタンを押します。「iSCSI パラメーターの設定」 に進んでください。
  • FCoE SAN を追加: Fibre Channel Over Internet ストレージデバイスを設定する場合は、このボタンを押します。「FCoE パラメーターの設定」 に進んでください。
概要ページには 検索 タブもあり、アクセスする World Wide Identifier (WWID)、ポート、ターゲット、論理ユニット番号 (LUN) 別にストレージデバイスにフィルターをかけることができます。

図18.28 ストレージデバイスの検索タブ

ストレージデバイスの検索タブ
検索タブには、ポート/ターゲット/LUN 番号での検索または WWID での検索を選択する 検索項目 のドロップダウンメニューがあります。WWID または LUN で検索するには、対応する入力テキストフィールドに値を入力する必要があります。検索 ボタンをクリックして検索を開始します。
左側にチェックボックスが付いたデバイスが列ごとに表示されます。インストールプロセス中にそのデバイスを使用可能にする場合は、このチェックボックスをクリックします。インストールプロセスの後半では、Red Hat Enterprise Linux のインストール先として、ここで選択したデバイスのいずれかを指定することができます。また、インストール完了後のシステムの一部として、ここで選択したデバイスの自動マウントを指定することができます。
ここで選択するデバイスのデータがインストールプロセスで自動的に消去されるわけではありません。この画面上でデバイスを選択しても、それだけでデバイスに保存されているデータが抹消されるわけではありません。また、ここでインストールシステムの一部を構成するデバイスとして選択しなかった場合でも、インストール後に /etc/fstab ファイルを変更すればシステムに追加することができます。
インストール中に使用可能にするストレージデバイスを選択したら、完了 をクリックしてインストール先の画面に戻ります。

18.16.1.1. DASD の低レベルフォーマット

DASD へのインストールの場合は、Compatible Disk Layout (CDL) フォーマットでの低レベルフォーマットが推奨されます。ただし、CMS フォーマットの FBA DASD を使用することもできます。インストール先 画面で DASD を選択して 完了 をクリックすると、インストールプログラムが未フォーマットまたは互換性のないフォーマット済みのディスクを検出し、以下のダイアログが表示されます。

図18.29 DASD デバイスフォーマットのダイアログ

DASD デバイスフォーマットのダイアログ
このダイアログでは、キャンセル をクリックして インストール先 画面に戻り、ディスク選択を編集できます。選択が正しければ、dasdfmt でフォーマットする ボタンをクリックして、すべての未フォーマット DASD 上で dasdfmt ユーティリティーを開始します。
フォーマットプロセスが完了したら、OK ボタンをクリックして インストール先 画面に戻ると、DASD の一覧が更新されます。この後にインストール用のディスクを再度選択して、進みます。
未フォーマットのオンライン DASD の低レベルフォーマットを自動的に許可するには、キックスタートコマンド zerombr を指定します。詳細は zerombr (任意) を参照してください。
FBA DASD CMS ディスクレイアウトをターゲットとして IBM Z に Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合には、使用可能なパーティションは 3 つのみです。インストーラーは最初に msdos パーティションテーブルをターゲットの DASD に作成します。この表では、1つのDASDデバイスで3つを超えるパーティションを使用することはできません。パーティションを手動で作成するか、または autopart --nohome のキックスタートオプションを使用でき、インストーラーで別の /home/ パーティションが作成されないようにします。home ディレクトリーがないことで、パーティションの数が 3 つに保たれます。

18.16.1.2. 高度なストレージオプション

高度なストレージデバイスを使用する場合は、インストール先の画面の右下にあるボタンをクリックして、iSCSI (SCSI over TCP/IP) ターゲットまたは zFCP (zSeries Fibre Channel Protocol) LUN (論理ユニット) を設定します。iSCSI の概要は、付録B iSCSI ディスク を参照してください。

図18.30 高度なストレージオプション

高度なストレージオプション
18.16.1.2.1. iSCSI パラメーターの設定
iSCSI ターゲットを追加 ボタンをクリックすると、iSCSI ターゲットの追加 ダイアログが表示されます。

図18.31 iSCSI 検出詳細のダイアログ

iSCSI 検出詳細のダイアログ
インストールに iSCSI ストレージデバイスを使用する場合は、Anaconda 側で iSCSI ストレージデバイスを iSCSI ターゲットとして 検出 し、そのターゲットにアクセスするための iSCSI セッション を作成できる必要があります。検出、セッションの作成それぞれで CHAP (Challenge Handshake Authentication Protocol) 認証用のユーザー名とパスワードが必要になる場合があります。また、検出、セッションの作成いずれの場合も、iSCSI ターゲット側でターゲットの接続先となるシステムの iSCSI イニシエータを認証するよう設定することもできます (リバース CHAP)。CHAP とリバース CHAP を併用する場合は 相互 CHAP または 双方向 CHAP と呼ばれます。相互 CHAP を使用すると、特に CHAP 認証とリバース CHAP 認証でユーザー名やパスワードが異なる場合などに、iSCSI 接続に対する最大限の安全レベルを確保できます。
注記
iSCSI 検出と iSCSI ログインの手順を繰り返して、必要なすべての iSCSI ストレージの追加を行います。ただし、初回の検出試行後は、iSCSI イニシエーターの名前の変更はできません。iSCSI イニシエーターの名前を変更する場合は、インストールを最初からやり直す必要があります。

手順18.1 iSCSI の検出と iSCSI セッションの開始

iSCSI ターゲットの追加 ダイアログを使って iSCSI ターゲット検出に必要な情報を Anaconda に提供します。
  1. ターゲット IP アドレス フィールドに iSCSI ターゲットの IP アドレスを入力します。
  2. iSCSI イニシエーター名 フィールドに iSCSI 修飾名 (IQN) の形式で iSCSI イニシエーターの名前を入力します。IQN エントリーには次を含めてください。
    • iqn.」の文字列 (ピリオドが必要)
    • 日付コード (企業や組織のインターネットドメイン名またはサブドメイン名が登録された年と月、記述の順序は年を表す4 桁の数字、ダッシュ記号、月を表す 2 桁の数字、ピリオドの順で構成。たとえば、2010 年 9 月の場合は 2010-09. のようになります。
    • 企業や組織のインターネットドメイン名またはサブドメイン名 (トップレベルのドメインを先頭にして逆順で表す。例、storage.example.com のサブドメインは、com.example.storage と表す。)
    • コロン (:) と、ドメインまたはサブドメイン内でその iSCSI イニシエーターを固有に識別する文字列。たとえば、:diskarrays-sn-a8675309 のようになります。
    以上から、完全な IQN は iqn.2010-09.storage.example.com:diskarrays-sn-a8675309 のようになります。anaconda では、IQN を構成しやすいようこの形式による任意の名前がすでに iSCSI イニシエータ名フィールドに自動入力されています。
    IQN の詳細については、 http://tools.ietf.org/html/rfc3720#section-3.2.6 に記載の『RFC 3720 - Internet Small Computer Systems Interface (iSCSI)』の『3.2.6. iSCSI Names』のセクションや、http://tools.ietf.org/html/rfc3721#section-1 に記載の『RFC 3721 - Internet Small Computer Systems Interface (iSCSI) Naming and Discovery』の 『1. iSCSI Names and Addresses』 のセクションを参照してください。
  3. 認証のタイプの検出 ドロップダウンメニューを使って iSCSI 検出に使用する認証タイプを指定します。以下のタイプが使用できます。
    • 証明書なし
    • CHAP 秘密鍵
    • CHAP 秘密鍵とリバースペア
    • 認証タイプに CHAP 秘密鍵 を選択した場合は CHAP ユーザー名CHAP パスワード の各フィールドにユーザー名とパスワードを入力します。
    • 認証タイプに CHAP 秘密鍵とリバースペア を選択した場合は、CHAP ユーザー名CHAP パスワード の各フィールドに iSCSI ターゲットのユーザー名とパスワードを入力します。また、逆順 CHAP ユーザー名逆順 CHAP パスワード の各フィールドに iSCSI イニシエーターのユーザー名とパスワードを入力します。
  4. オプションで ターゲットをネットワークインターフェースへバインドする というラベルが付いたボックスにチェックを付けることができます。
  5. Start Discovery ボタンをクリックします。入力情報を使って Anaconda による iSCSI ターゲットの検索が試行されます。検出に成功すると、ダイアログにターゲット上で検出された全 iSCSI ノードの一覧が表示されます。
  6. 各ノードにはチェックボックスが付いています。インストールに使用するノードのチェックボックスをクリックします。

    図18.32 検出された iSCSI ノードを表示しているダイアログ

    検出された iSCSI ノードを表示しているダイアログ
  7. ノードのログイン認証のタイプ には、ステップ 3 で説明した 認証のタイプの検出 メニューと同じオプションが表示されます。ただし、認証タイプの検索に認証情報を必要とした場合、検出したノードへのログインにも同じ認証情報を使用するのが一般的です。これを行うため、メニューから 検出時の証明書を使用 オプションを使用します。適切な認証情報が提供されると、ログイン ボタンがクリックできるようになります。
  8. ログイン をクリックして、iSCSI セッションを開始します。
18.16.1.2.2. DASD ストレージデバイス
Installation Destination 画面の Add DASD ボタンをクリックすると、DASD (ダイレクトアクセスストレージデバイス) を追加するためのダイアログが表示されます。このダイアログでは、インストール開始時には検出されなかった新たな DASD をアタッチすることができます。

図18.33 DASD ストレージターゲットの追加

DASD ストレージターゲットの追加
Add DASD Storage Target ダイアログでは、0.0.0204 といったデバイス番号を指定するよう求められます。アタッチする DASD のデバイス番号を入力し、検出を開始 ボタンをクリックします。
指定されたデバイス番号の DASD が見つかり、これがアタッチされていない場合は、ダイアログウィンドウが閉じて発見されたドライブが 「ストレージデバイス選択の画面」 のドライブ一覧に表示されるようになります。ここでは、画面左側にあるチェックボックスを使用してどのドライブを利用可能にするか選択します。これを実行したら、左上の Done ボタンを押して「インストール先」に戻ります。これで新たな DASD が画面の ローカルの標準ディスク セクションで選択可能となります (DASD device 0.0.xxxx とマークされます)。
無効なデバイス番号を入力した場合、または指定したデバイス番号の DASD が既にシステムに割り当てられている場合は、ダイアログウィンドウにエラーメッセージとその理由が表示され、別のデバイス番号で再試行するように求められます。
18.16.1.2.3. FCP デバイス
ZFCP LUN を追加 ボタンをクリックすると、FCP (Fibre Channel Protocol) ストレージデバイスを追加するダイアログが表示されます。
FCP デバイスは、IBM Z が DASD デバイスの代わりに、または DASD デバイスに加えて、SCSI デバイスを使用できるようにするものです。FCP デバイスは交換ファブリックスイッチを提供し、これにより IBM Z システムが SCSI LUN を従来の DASD デバイスとして用いる使い方に加えて、ディスクデバイスとして使えるようにします。
IBM Z では、インストールプログラムが FCP LUN をアクティベートするために、いずれの FCP デバイスも手動で入力される必要があります。これは、Anaconda で対話形式で行うか、パラメーターもしくは CMS 設定ファイル内で一意のパラメーターエントリーとして指定することで可能になります。ここで入力される値は、設定されている各サイトに固有のものとなります。

注記

  • FCP デバイスの対話形式の作成は、グラフィカルモードでのみ可能です。テキストモードのインストールでは、FCP デバイスを対話形式で設定できません。
  • 16 進法で小文字のみを使用してください。間違った値を入力して 検出を開始 ボタンを押すと、インストールプログラムが警告を表示して、設定情報の編集と検出の再試行ができます。
  • これらの値については、ハードウェアに添付のドキュメントを参照し、このシステムのネットワークを設定したシステム管理者に確認してください。
FCP SCSI デバイスを設定するには、16 ビットのデバイス番号、64 ビットの World Wide Port Number (WWPN)、および、64 ビットの FCP LUN の識別子を入力します。検出を開始 ボタンをクリックし、この情報を使用した FCP デバイスへ 接続します。

図18.34 FCP デバイスの追加

FCP デバイスの追加
新たに追加されたデバイスは、インストール先画面の System z Devices のタブに表示されます。
重要
SCSI のみのインストールでは DASD がないことを示すために、DASD= をパラメーターもしくは CMS 設定ファイルから削除してください。
18.16.1.2.4. FCoE パラメーターの設定
FCoE SAN を追加 ボタンをクリックすると、FCoE ストレージデバイスを検出できるようにネットワークインターフェースを設定するダイアログが表示されます。
まず、NIC ドロップダウンメニューで FCoE スイッチに接続するネットワークインターフェースを選択し、FCoE ディスクを追加 ボタンをクリックして SAN デバイス用のネットワークをスキャンします。

図18.35 FCoE パラメーターの設定

FCoE パラメーターの設定
追加オプションには、以下のものがあります。
DCB を使用する
Data Center Bridging (DCB) とは、ストレージネットワークやクラスターでイーサネット接続の効率性を向上させる目的で設計されたイーサネットプロトコルに対する拡張セットです。このダイアログのチェックボックスを使って、インストールプログラムによる DCB 認識を有効または無効にします。このオプションは、ネットワークインターフェースでホストベースの DCBX クライアントを必要とする場合にのみ有効にします。ハードウェアの DCBX クライアントを実装するインターフェース上での設定の場合には、このチェックボックスは空のままにしておいてください。
自動 vlan の使用
自動 VLAN では、VLAN 検出を行うかどうかを指定します。このボックスにチェックを入れると、リンク設定が検証された後、FIP (FCoE Initiation Protocol) VLAN 検出プロトコルがイーサネットインタフェースで実行されます。まだ設定が行われていない場合には、検出された FCoE VLAN 全てに対してネットワークインターフェースが自動的に作成され、FCoE のインスタンスが VLAN インターフェース上に作成されます。このオプションはデフォルトで有効になっています。
検出された FCoE デバイスがインストール先の画面内の 他の SAN デバイス タブに表示されます。