15.13. ネットワークとホスト名

システムに必須のネットワーク機能を設定するには、インストールの概要 画面で ネットワークとホスト名 を選択します。
ローカルでアクセスできるインターフェースはインストールプログラムが自動で検出するため、手動による追加や削除はできません。検出されたインターフェースは左側のペインに一覧表示されます。一覧内のインターフェースをクリックすると、右側にその詳細が表示されます。ネットワークインターフェースを有効または無効にするには、画面右上にあるスイッチを オン または オフ にします。

注記

em1wl3sp0 といった一貫性のある名前をネットワークデバイスの特定に使用するネットワークデバイス命名標準にはいくつかのタイプがあります。これらの標準については、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド を参照してください。
ネットワークとホスト名の設定画面

図15.10 ネットワークとホスト名の設定画面

接続一覧の下にある ホスト名 の入力フィールドにこのコンピューター用のホスト名を入力します。ホスト名は、hostname.domainname という形式の 完全修飾ドメイン名 (FQDN) か、hostname という形式の 短縮ホスト名 のどちらかになります。多くのネットワークには、自動的に接続されたシステムにドメイン名を提供する DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サービスがあります。DHCP サービスがこのマシンにドメイン名を割り当てるようにするには、短縮ホスト名のみを指定してください。localhost.localdomain の値は、ターゲットシステムの静的ホスト名が指定されておらず、インストールされるシステムの実際のホスト名はネットワーク設定時 (たとえば、DHCP または DNS を使用した NetworkManager) に設定されることを示しています。

重要

ホスト名を手動で割り当てる場合は、ご自分に割り当てられていないドメイン名を使用しないように注意してください。これを行うと、ネットワークリソースが利用できなくなる場合があります。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド で推奨している命名方法の実践例を参照してください。
デフォルト設定の localhost.localdomain を、使用する各 Linux インスタントごとに一意のホスト名に変更します。
ネットワークの設定を終えたら、完了 をクリックして インストールの概要 画面に戻ります。

15.13.1. ネットワーク接続の編集

System z のすべてのネットワーク接続は ネットワークとホスト名 画面に一覧表示されています。デフォルトでは、このリストには起動段階で設定された接続が含まれており、これは OSA、LCS、または HiperSockets のいずれかになります。これらのインターフェースタイプの名前はすべて、enccw0.0.0a00 のように enccwdevice_id の形式をとります。System z 上では、新規の接続を追加できないことに注意してください。これは、ネットワークサブチャネルを事前にグループ化し、オンラインで設定しておく必要があるためで、この作業は現在、起動段階でのみ実行されるためです。詳細は、14章IBM System z でのインストールの起動 を参照してください。
通常、起動段階で設定済みのネットワーク接続は、インストールの後の段階で修正する必要はありません。ただし、既存の接続を修正する必要がある場合は、設定 ボタンをクリックします。 NetworkManager ダイアログが表示され、以下で説明する有線接続に適したタブのセットが現れます。ここではシステム用のネットワーク接続設定ができますが、System z に関係するのはこの一部になります。
このセクションでは、インストール中に使用される一般的な有線接続の場合に最も重要となる設定についてのみ説明します。ほとんどの場合、オプションの多くは変更する必要がありません。また、インストールされるシステムにも引き継がれません。これ以外のネットワーク設定についてもほぼ同じですが、当然、特定の設定パラメーターは異なります。インストール後のネットワーク設定については、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド を参照してください。
ネットワーク接続を手作業で設定するには、画面右下の 設定 ボタンをクリックします。ダイアログが表示され、選択された接続の設定ができるようになります。システム 設定ネットワーク セクションにおけるダイアログで実行可能な全設定の完全な説明は、本ガイドのスコープ外となります。
インストール中に設定しておくと便利なネットワーク設定オプションを以下に示します。
  • システム起動時に常にこの接続を使用する場合は、この接続が利用可能になったときは自動的に接続する のチェックボックスにマークを入れます。自動的に接続するネットワークは、複数の接続を使用することができます。この設定は、インストールされるシステムに引き継がれます。
    ネットワーク自動接続機能

    図15.11 ネットワーク自動接続機能

  • デフォルトでは、IPv4 パラメーターが DHCP サービスにより自動的に設定されます。同時に、IPv6 設定は 自動 方式に設定されます。ほとんどの場合、この組み合わせが最適で通常は変更する必要はありません。
    IP プロトコル設定

    図15.12 IP プロトコル設定

  • 接続をローカルネットワークのみに限定するには、そのネットワーク上のリソースのためにのみこの接続を使用 のチェックボックスを選択します。この設定はインストールされるシステムに引き継がれ、全体の接続に適用されます。追加のルートが設定されていなくても、この選択をすることができます。
    IPv4 ルートの設定

    図15.13 IPv4 ルートの設定

ネットワーク設定の編集が終了したら、保存 をクリックして新しい設定を保存します。インストール中にすでに作動していたデバイスを再設定した場合、その新しい設定をインストール環境で使用するためにはデバイスの再起動を行う必要があります。ネットワークとホスト名 の画面にある オン/オフ のスイッチを使ってデバイスを再起動してください。

15.13.2. 高度なネットワークインターフェース

高度なネットワークインターフェースもインストールに使用できます。これには仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) と集約リンクを使用する 3 つの方法が含まれます。これらのインターフェースについての詳細な説明は本ドキュメントの対象外となります。詳細情報は、 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド を参照してください。
高度なネットワークインターフェースを作成するには、ネットワークとホスト名 の画面の左下にある + ボタンをクリックします。
ダイアログが表示され、以下のオプションがドロップダウンメニューから選択できます。
  • Bond - NIC (ネットワークインターフェースコントローラー) のボンドです。複数のネットワークインターフェースを一つのチャネルに結合する方式です。
  • Bridge - NIC ブリッジングです。複数の別個のネットワークを 1 つの集積ネットワークに接続します。
  • チーム - NIC のチームです。複数のリンクを集約する新しい実装になります。小型のカーネルドライバーを提供することでパケットフローを高速で処理し、各種アプリケーションがすべてのタスクをユーザー領域で行うよう設計されています。
  • VLAN - それぞれ孤立している異なる複数のブロードキャストドメインを作成する方法です。
高度なネットワークインターフェースのダイアログ

図15.14 高度なネットワークインターフェースのダイアログ

注記

ローカルでアクセスできるインターフェースは有線、無線に関わらずインストールプログラムにより自動的に検出されるため、上記の操作手順で手動による追加や削除はできません。
オプションを選択して 追加 ボタンをクリックすると、新規インターフェースを設定する別のダイアログが表示されます。詳細な手順については、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド を参照してください。既存の高度なインターフェースの設定を変更するには、画面右下の 設定 ボタンをクリックします。- ボタンをクリックすると手動で追加したインターフェースを削除することもできます。