Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.2. メンテナンス起動モードの使い方

23.2.1. メモリー (RAM) テストモードの読み込み

メモリー (RAM) モジュールでの障害が原因で、システムの予期しないフリーズやクラッシュが発生する場合があります。特定の状況では、メモリー障害は、ソフトウェアの特定の組み合わせでのみエラーが発生する可能性があります。この理由から、Red Hat Enterprise Linux を初めてインストールする前に、その他のオペレーティングシステムを実行していても、コンピューターのメモリーをテストする必要があります。
Red Hat Enterprise Linux には、Memtest86+ メモリーテストアプリケーションが含まれます。メモリーテストモードを起動するには、ブートメニューで Troubleshooting > Memory test の順で選択します。直ちにテストが開始されます。デフォルトでは、Memtest86+ はそれぞれのパスで 10 種類のテストを実施します。別の設定を指定することもできます。c キーを使って設定画面にアクセスしてください。最初のパスが完了すると、現在の状態を示すメッセージが画面下部に表示され、自動的に次のパスが開始されます。
注記
Memtest86+ が動作するのは BIOS 上のみです。UEFI システムのサポートは現在利用できません。

図23.1 Memtest86+ を使ったメモリーチェック

Memtest86+ を使ったメモリーチェック
テスト進行中に表示されるメイン画面は主に 3 エリアに分けられます。
  • 左上には、メモリーおよびプロセッサーキャッシュ専用に割り当てられたサイズ、そのスループットとプロセッサー、チップセット情報など、システムのメモリー構成に関する情報が表示されます。この情報は Memtest86+ が起動したときに検出される情報になります。
  • 右上には、現在のパスの進捗状況、そのパスで現在実行中のテスト、テスト詳細など、テストに関する情報が表示されます。
  • 画面の中央には、合計時間、完了したパス数、検出されたエラー数、選択しているテストなど、ツールが起動した時点からの全テストに関する情報が表示されます。一部のシステムでは、インストールしているメモリー (搭載モジュール数、製造元、周波数、遅延時間など) に関する詳細情報についても表示されます。完了したパスの後ろには簡単な概要が表示されます。以下に例を示します。
    ** Pass complete, no errors, press Esc to exit **
    Memtest86+ でエラーが検出されると、このエリアに赤色で強調表示されます。メッセージには問題を検出したテスト、障害が発生しているメモリーの場所、その他、詳細な情報が含まれます。
ほとんどの場合、一つのパスでのテスト成功で、使用している RAM の健全性を十分に確認できます (10 種類の全テストを 1 回実行)。ただし、まれに最初のパスでは検出されなかったエラーがその後のテストで出現する場合があります。重要なシステムで完全なテストを実施する場合は、複数パスを完了させるため一晩または数日、テストを実行させたままにしておきます。
注記
Memtest86+ の全パス完了に要する時間はシステムの構成により異なります (特に RAMのサイズと速度に影響されます)。たとえば、2 GiB の DDR2 メモリー、速度が 667 MHz の場合、パスをひとつ完了するのに 20 分ほどかかります。
テストを中止してコンピューターを再起動する場合は、いつでも Esc キーを押すことができます。
Memtest86+ の使用の詳細は、公式の Web サイト (http://www.memtest.org/) を参照してください。README ファイルは、memtest86+ パッケージがインストールされた Red Hat Enterprise Linux システムの /usr/share/doc/memtest86+-バージョン/ にあります。