A.3. パーティション命名スキームおよびマウントポイント

Linux に馴染みがないユーザーにとって混乱の元となるのは、Linux オペレーティングシステムにおけるパーティションの使い方とアクセスの仕方です。DOS/Windows の場合、各パーティションに「ドライブ文字」が与えられるので、比較的簡単です。パーティション上のファイルやディレクトリーを参照する場合は該当する「ドライブ文字」を使用します。これは Linux でのパーティションの扱い方、またディスクストレージ全般に関しても全く異なります。このセクションでは、パーティション命名スキームの主要原理、Red Hat Enterprise Linux におけるパーティションへのアクセス方法について説明していきます。

A.3.1. パーティションの命名スキーム

Red Hat Enterprise Linux ではファイルベースの命名スキームが使用され、ファイル名の形式は /dev/xxyN となります。
以下は、デバイスおよびパーティションの名前の構成要素です。
/dev/
全デバイスのファイルが配置されるディレクトリー名です。パーティションはハードディスク上に存在し、ハードディスクはデバイスとなるため、パーティションを表すファイルは /dev/ に配置されます。
xx
パーティション名の最初の 2 文字は、パーティションが存在するデバイスのタイプを示します。これは通常、sd になります。
y
この文字はパーティションがあるデバイスを示します。例えば、/dev/sda は最初のハードディスク、/dev/sdb は 2 番目のハードディスク、というようになります。
N
最後の数字はパーティションを示します。最初の 4 つ (プライマリもしくは拡張) のパーティションには、1 から 4 までの数字が付けられます。論理パーティションは 5 から始まります。たとえば、/dev/sda3 は最初のハードディスクの 3 番目のプライマリーもしくは拡張パーティションで、/dev/sdb6 は 2 番目のハードディスク上の 2 番目の論理パーティションになります。

注記

Red Hat Enterprise Linux で すべての タイプのディスクパーティションの識別および参照が可能であっても、ファイルシステムを読み込むことができないためすべてのタイプのパーティションにある保存データにはアクセスできない場合があります。ただし、多くの場合、別のオペレーティングシステム専用のパーティションにあるデータには問題なくアクセスすることができます。

A.3.2. ディスクパーティションとマウントポイント

Red Hat Enterprise Linux では、各パーティションを使って、ファイルやディレクトリーのセットに対応するために必要なストレージを構成します。マウント と呼ばれるプロセスでパーティションとディレクトリーを関連付けることで行います。パーティションをマウントすると、指定されたディレクトリー (マウントポイント と呼ばれる) を開始点としてそのストレージが利用可能になります。
たとえば、パーティション /dev/sda5/usr/ にマウントされている場合、/usr/ 下にあるすべてのファイルとディレクトリーは物理的に /dev/sda5 上に存在することになります。このため、ファイル /usr/share/doc/FAQ/txt/Linux-FAQ/dev/sda5 に保存されますが、ファイル /etc/gdm/custom.conf はそこには保存されません。
さらにこの例では、/usr/ 以下の 1 つまたは複数のディレクトリーを別のパーティションのマウントポイントとすることも可能です。たとえば、あるパーティション (例 /dev/sda7) を /usr/local/ にマウントすると、/usr/local/man/whatis/dev/sda5 上ではなく /dev/sda7 上に存在することになります。

A.3.3. パーティションの数

Red Hat Enterprise Linux のインストール準備を行っている段階で、新しいオペレーティングシステムで使用するパーティションの数とサイズを考慮しておく必要があります。ただし、あらゆる状況に対応する絶対的に正しい数やサイズというのは存在しません。パーティションの数やサイズは使用する側のニーズや要件によって異なってきます。
必要とされるニーズや要件を考慮し、特に別のパーティション構成でなければならない理由がない限り、Red Hat では、少くとも swap/boot/、および / (root) パーティションの作成を推奨しています。
AMD64 および Intel 64 システムについての詳細は 「推奨されるパーティション設定スキーム」 をご覧ください。IBM Power Systems サーバーについての詳細は 「推奨されるパーティション設定スキーム」 をご覧ください。IBM System z についての詳細は 「推奨されるパーティション設定スキーム」 をご覧ください。