Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.2. キックスタートを使ったインストールの実行方法

キックスタートを使用したインストールは、ローカルの DVD またはローカルのハードドライブを使用するか、NFS、FTP、HTTP、HTTPS などにより実行できます。
キックスタートを使用する場合、次の手順を行う必要があります。
  1. キックスタートファイルを作成する
  2. リムーバブルメディア、ハードドライブ、ネットワークの場所のいずれかの場所でキックスタートファイルを利用可能にする
  3. インストール開始に使用する起動メディアを作成する
  4. インストールソースを準備する
  5. キックスタートを使ったインストールを開始する
本章では、これらの手順について詳しく見ていきます。

27.2.1. キックスタートファイルの作成

キックスタートファイル自体は、「キックスタート構文の参考資料」 に記載のキーワードを含むプレーンテキストファイルで、インストールでの指示出しの役割を果たします。ファイルを ASCII テキストとして保存できるテキストエディター (例: Linux システムの Gedit または vim、Windows システムの メモ帳) は、キックスタートファイルの作成や編集に使用できます。キックスタート設定ファイルには任意の名前を付けることができますが、後で他の設定ファイルやダイアログでこの名前を指定する必要があるため、シンプルな名前にしておくことが推奨されます。
まず任意のシステムに手動のインストールを行うことが、キックスタートファイル作成の推奨方法となります。インストールが完了すると、インストール中に選択された選択肢がすべて anaconda-ks.cfg という名前のファイルに保存されます。このファイルはインストールが完了したシステムの /root/ ディレクトリーに置かれます。このファイルをコピーして、必要に応じて変更を加えると、この後のインストールでこの設定ファイルを使用することができます。
重要
Red Hat カスタマーポータルのアカウントをお持ちの場合は、カスタマーポータル Labs の https://access.redhat.com/labs/kickstartconfig/ で入手可能な Kickstart Configuration Tool を使用できます。このツールは基本的な設定を説明し、作成されるキックスタートファイルのダウンロードを可能にします。ただし、このツールは現在、高度なパーティション作成をサポートしていません。
キックスタートファイル作成用のグラフィカルツールである Kickstart Configurator は、依然利用可能です。ただし、今後更新されることはなく、Red Hat Enterprise Linux 6 から 7 へのキックスタート構文における変更を反映しません。
キックスタートファイルを作成する際は次の点に注意してください。
  • 各セクションは決められた順序で指定してください。セクション内の項目については、特に指定がない限り順序は関係ありません。セクションの順序は次のようになります。
    重要
    %addon%packages%onerror%pre%post のセクションは末尾に %end を付ける必要があります。これがないとインストールプログラムはキックスタートファイルを拒否することになります。
  • 必須項目以外は省略しても構いません。
  • 必須項目が省略されている場合は、通常のインストール中のプロンプトと同様、インストールプログラムにより、その関連項目についての回答が求められます。回答を入力すると、インストールが自動的に続行されます (他にも省略されている部分があればその部分まで)。
  • 記号「#」で始まる行は、コメントとして処理されるため無視されます。