Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録C LVM の理解

LVM (Logical Volume Management、論理ボリューム管理) パーティションは標準のパーティションに比べ便利な点がいくつかあります。LVM パーティションは、物理ボリューム としてフォーマット化し、ひとつまたは複数の物理ボリュームを結合させて ボリュームグループ を形成します。このボリュームグループの合計容量を再びひとつまたは複数の 論理ボリューム に分割します。論理ボリュームは標準のパーティションとほぼ同じように機能します。xfs などのファイルシステムタイプやマウントポイントを持たせることができます。

重要

AMD、Intel、および ARM システム、ならびに IBM Power Systems サーバーなどでは、ブートローダーは LVM ボリュームを読み込むことができません。このため、/boot パーティションは、LVM ではなく標準のパーティションで作成してください。
IBM Z の場合は、zipl ブートローダーによりリニアマッピングを使用した LVM 論理ボリューム上の /boot に対応しています。
デフォルトのインストールプロセスでは、/ パーティションと swap パーティションは常に LVM ボリューム内に、/boot パーティションは別途、物理ボリューム上に作成されます。
物理ボリュームを積み重なった ブロック の山として考えるとわかりやすいでしょう。1 ブロックがデータ格納に使用される 1 ストレージユニットになります。複数のブロックの山を集めてさらに大きなひとつの山を作ることができるのと同じように、物理ボリュームを結合して一つのボリュームグループを作ります。できた大きな山から今度は目的にあった大きさの山をいくつか作ることができます。同じように、結合してできたボリュームグループを目的にあったいくつかの論理ボリュームに分割します。
標準のパーティションとは異なり、管理者はデータを破壊することなく論理ボリュームを拡張したり縮小したりすることができます。ボリュームグループに属する複数の物理ボリュームが別のドライブや RAID アレイに散在する場合、複数のディスクをまたぐ論理ボリュームを作ることもできます。
ボリューム上にあるデータによって必要とされるサイズより少ない容量まで論理ボリュームを縮小してしまうと、データが失われる可能性があります。柔軟性を最大限確保するため、現在のニーズに対応する論理ボリュームを作成し、余分のストレージ領域は未割り当てのまま残しておきます。必要に応じて、未割り当ての領域を使用することで安全に論理ボリュームを拡張することができます。