Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.2. Anaconda のレスキューモード

Anaconda インストールプログラムのレスキューモードは、Red Hat Enterprise Linux 7 DVD またはその他の起動メディアから起動できる最小限の Linux 環境です。さまざまな問題を修復するコマンドラインユーティリティーが含まれています。このレスキューモードは、ブートメニューの Troubleshooting サブメニューからアクセスできます。このモードでは、ファイルシステムを読み取り専用としてマウントすることや、マウント自体をしない選択や、ドライバーディスクで提供されるドライバーのブラックリスト登録または追加、さらにはシステムパッケージのインストールやアップグレード、またはパーティションの管理を実行することができます。
注記
Anaconda のレスキューモードは、systemd システムやサービスマネージャーの一部として提供される レスキューモード (シングルユーザーモード と同等) や緊急モード とは異なるものです。これらのモードの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』を参照してください。
Anaconda レスキューモードで起動するには、最小起動ディスク、USB ドライブ、フルインストール DVD など、Red Hat Enterprise Linux ブートメディアを使用してシステムを起動できる必要があります。
Red Hatが提供するメディアを使用してシステムを起動する詳細な情報については、該当する章を参照してください。
重要
iSCSI デバイスや zFCP デバイスなどの高度なストレージは、rd.zfcp=root=iscsi: オプション などの dracut 起動オプションを使用するか、IBM Z 上の CMS 設定ファイルで設定する必要があります。レスキューモードで起動した後は、ストレージデバイスを対話的に設定できません。
dracut 起動オプションについての詳細情報は、dracut.cmdline(7) man ページを参照してください。CMS 設定ファイルの詳細は、21章IBM Z でのパラメーターと設定ファイル を参照してください。

手順32.1 Anaconda レスキューモードで起動する

  1. 最小限の起動メディアまたは完全インストール DVD もしくは USB ドライブからシステムを起動し、ブートメニューが表示されるまで待ちます。
  2. 起動メニューから Troubleshooting サブメニューから Rescue a Red Hat Enterprise Linux system オプションを選択するか、inst.rescue オプションを起動コマンドラインに追加します。ブートコマンドラインを入力するには、BIOS ベースのシステム上で TAB キーを押すか、UEFI ベースのシステム上で e キーを押します。
  3. 起動する ドライバーディスク で提供されるサードパーティーのドライバーが必要な場合は、inst.dd=driver_name を起動コマンドラインに追加します。
    inst.rescue inst.dd=driver_name
    起動時にドライバーディスクを使用する方法の詳細については、「手動によるドライバー更新」 (AMD64 および Intel 64 システム) または「手動によるドライバー更新」 (IBM Power Systems サーバー) を参照してください。
  4. Red Hat Enterprise Linux ディストリビューションに含まれるドライバーが原因でシステムが起動しない場合は、modprobe.blacklist= オプションを起動コマンドラインに追加します。
    inst.rescue modprobe.blacklist=driver_name
    ドライバーのブラックリスト登録の詳細については、「ブラックリストへのドライバーの登録」 を参照してください。
  5. 準備ができたら、Enter (BIOS ベースのシステム) または Ctrl+X (UEFI ベースのシステム) を押して、変更したオプションを起動します。以下のメッセージが表示されるまで待機します。
    The rescue environment will now attempt to find your Linux installation and mount it under the /mnt/sysimage/ directory. You can then make any changes required to your system. If you want to proceed with this step choose 'Continue'. You can also choose to mount your file systems read-only instead of read-write by choosing 'Read-only'. If for some reason this process fails you can choose 'Skip' and this step will be skipped and you will go directly to a command line.
    
    続行 を選択すると、ファイルシステムを /mnt/sysimage/ ディレクトリーにマウントしようとします。パーティションのマウントが失敗した場合、その旨が通知されます。読み取り専用 を選択すると、ファイルシステムを /mnt/sysimage/ ディレクトリーにマウントしようとしますが、読み取り専用モードで試行されます。スキップ を選択すると、ファイルシステムはマウントされません。ファイルシステムが破損していると思われる場合は、スキップ を選択します。
  6. システムをレスキューモードに切り替えた後に、VC (仮想コンソール) 1 と VC 2 にプロンプトが表示されます (VC 1 にアクセスするには、Ctrl+Alt+F1 キーの組み合わせを使用し、VC 2 にアクセスするには、Ctrl+Alt+F2 を使用します)。
    sh-4.2#
ファイルシステムがマウントされていても、Anaconda のレスキューモードにしている間のデフォルトのルートパーティションは一時的なルートパーティションであり、通常のユーザーモード (multi-user.target または graphical.target) で使用するファイルシステムのルートパーティションではありません。ファイルシステムをマウントする選択をして正常にマウントした後には、以下のコマンドを実行して、Anaconda のレスキューモード環境のルートパーティションをファイルシステムのルートパーティションに変更することができます。
sh-4.2# chroot /mnt/sysimage
これは、ルートパーティションが / としてマウントされることが要求される rpm などのコマンドを実行する必要がある場合に役に立ちます。chroot 環境を終了するには、exit と入力してプロンプトに戻ります。
スキップ を選択した場合でも、Anaconda のレスキューモード内でパーティションや LVM2 論理ボリュームの手動によるマウントを試行できます。これは /directory/ のようなディレクトリーを作成し、次のコマンドを入力して実行します。
sh-4.2# mount -t xfs /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 /directory
上記のコマンドで、/directory/ はユーザーが作成したディレクトリーであり、/dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 はマウントする LVM2 論理ボリュームです。パーティションが XFS とは異なるタイプの場合、xfs の文字列を適切なタイプ (ext4 など) に置き換えます。
すべての物理パーティションの名前が不明な場合は、次のコマンドを実行すると一覧が表示されます。
sh-4.2# fdisk -l
LVM2 物理ボリュームやボリュームグループ、論理ボリュームの名前がすべて不明な場合はそれぞれ、pvdisplayvgdisplaylvdisplay のコマンドを使用します。
プロンプトから、以下のような多くの便利なコマンドが実行できます。

32.2.1. sosreport のキャプチャー

sosreport コマンドラインユーティリティーは、実行中のカーネルのバージョン、ロードされているモジュール、システムおよびサービスの設定ファイルなどの設定や診断に関する情報をシステムから収集します。このユーティリティーの出力は、/var/tmp/ ディレクトリーの tar アーカイブに保存されます。
sosreport ユーティリティーは、システムエラーの分析に役立ち、トラブルシューティングを容易にする場合があります。以下の手順は、 Anaconda のレスキューモードで sosreport 出力をキャプチャーする方法について説明します。

手順32.2 Anaconda のレスキューモードで sosreport を使用する

  1. 手順32.1「Anaconda レスキューモードで起動する」 の手順に従い、Anaconda レスキューモードで起動します。インストール済みのシステムの / (ルート) パーティションは必ず「読み取りと書き込み (read-write)」モードでマウントしてください。
  2. ルートディレクトリーを /mnt/sysimage/ ディレクトリーに変更します。
    sh-4.2# chroot /mnt/sysimage/
  3. sosreport を実行し、システム設定および診断情報を含むアーカイブを生成します。
    sh-4.2# sosreport
    重要
    sosreport は実行時に、ユーザーにユーザー名とユーザーが Red Hat サポートサービスに問い合わせた際に取得するケース番号の入力を求めます。次の文字またはスペースを追加するとレポートが使用できなくなる可能性があるため、英数字のみを使用してください。
    # % & { } \ < > > * ? / $ ~ ' " : @ + ` | =
  4. 任意です。ネットワークを使用して、生成されたアーカイブを新しい場所に転送する場合は、ネットワークインターフェースを設定する必要があります。動的 IP アドレス設定を使用する場合は、他に必要な手順はありません。ただし、静的アドレスを使用する場合は、次のコマンドを実行して、ネットワークインターフェース (dev eth0 など) に IP アドレス (10.13.153.64/23 など) を割り当てます。
    bash-4.2# ip addr add 10.13.153.64/23 dev eth0
    静的アドレス指定の詳細は、『 Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照してください。
  5. chroot 環境を終了します。
    sh-4.2# exit
  6. 生成されたアーカイブを新しい場所に保存し、その場所からアーカイブへのアクセスを容易にします。
    sh-4.2# cp /mnt/sysimage/var/tmp/sosreport new_location
    ネットワークを介したアーカイブの転送については、scp ユーティリティーを使用します。
    sh-4.2# scp /mnt/sysimage/var/tmp/sosreport username@hostname:sosreport
詳細は、以下の参考情報をご覧ください。