Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.20. インストールの完了

おめでとうございます。Red Hat Enterprise Linux のインストールが完了しました。
インストールプログラムがシステム再起動の準備を求めるプロンプトが表示されます。
インストールプログラムにより、インストールが完了したシステムが自動的に再起動されます。
再起動されない場合、起動するデバイスの情報が表示されます。シャットダウンのオプションを選択してシャットダウンしてから、Red Hat Enterprise Linux の /boot パーティションがインストールされている DASD または SCSI LUN から起動 (IPL) します。

17.20.1. z/VM 環境での起動 (IPL)

DASD から起動 (IPL)するには、3270 コンソール上の DASD デバイスなどを使用し、次のコマンドを実行します。
#cp i 200
自動パーティション設定が行われ (全パーティションのデータを消去) DASD しかない環境では、通常、最初に作動させる DASD に /boot パーティションが配置されます。
FCP LUN にある /boot を使用する場合は、起動 (IPL) する FCP 接続のデバイスの WWPN と LUN を与える必要があります。
FCP 接続のデバイスから起動 (IPL) するには、以下を実行します。
  1. FCP 接続のデバイスに FCP ルーティング情報を与えます。例えば、WWPN が 0x50050763050B073D、FCP LUN が 0x4020400100000000 とします。
    #cp set loaddev portname 50050763 050B073D lun 40204001 00000000
  2. FC00 など、FCP アダプターを起動 (IPL) します。
    #cp ipl FC00

注記

仮想マシンで稼働中の Linux を停止することなく、3270 端末を切断するには、#cp logoff ではなく #cp disconnect を使用します。通常のログイン手順で仮想マシンを再接続すると、CP コンソール関数モード (CP READ) にセットされる場合があります。この場合、仮想マシン上で実行を再開するには BEGIN コマンドを入力します。

17.20.2. LPAR 上での起動 (IPL)

LPAR ベースのインストールの場合、HMC で LPAR に対して読み込みのコマンドを実行します。/boot パーティションが 配置されている FCP LUN および WWPN、FCP アダプターまたは特定の DASD を指定します。

17.20.3. 再起動後のプロセス

インストールが完了した Red Hat Enterprise Linux OS の自動再起動、または手動での起動 (IPL) を行うと、ssh でシステムにログインできるようになります。root でログインできるのは、3270 端末または /etc/securetty に記載されている端末デバイスに限られることに注意してください。
初めて Red Hat Enterprise Linux システムをグラフィカル環境で起動すると、初期設定 を使って Red Hat Enterprise Linux の設定ができます。初期設定 で最初に環境を設定しておくことで、Red Hat Enterprise Linux システムをすぐに使い始めることができるようになります。
設定のプロセスについては「30章初期設定 (Initial Setup)」を参照してください。