付録D その他のテクニカルドキュメント

Anaconda、Red Hat Enterprise Linux システムはいずれも一般的なソフトウェアコンポーネント一式を使用しています。重要なテクノロジーに関する詳細は、以下に示す web サイトを参照してください。
ブートローダー
Red Hat Enterprise Linux では、GRUB2 ブートローダーを使用しています。Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイドの該当する箇所を参照してください。
ストレージ管理
論理ボリューム管理 (LVM) では、ストレージを管理する機能を管理者に提供しています。デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux のインストールプロセスにより、ドライブが LVM ボリュームとしてフォーマットされます。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 論理ボリュームマネージャーの管理を参照してください。
リモートディスプレイ
Red Hat Enterprise Linux および Anaconda にはグラフィカルなディスプレイへのリモートによるアクセスを可能にするため VNC (Virtual Network Computing) ソフトウェアが含まれています。VNC の詳細については、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』の「TigerVNC」の章を参照してください。
Red Hat カスタマーポータルの VNC Configurator アプリケーションを使って、VNC サーバーおよびクライアントの設定をガイドに従って実施することもできます。
リモートシステムアクセス
Red Hat Enterprise Linux にはシステムへのリモートアクセスを提供するため OpenSSH スイートが収納されています。SSH サービスにより、他のシステムからのコマンドラインへのアクセス、遠隔からのコマンド実行、ネットワークファイルの転送などの機能が利用できるようになります。インストール中、Anaconda はクラッシュレポートをリモートのシステムに転送するため OpenSSH の scp 機能を使用する場合があります。詳細については『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』を参照してください。
アクセス制御
SELinux では、標準の Linux セキュリティー機能を補完する Mandatory Access Control (MAC) 機能を提供しています。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 SELinux ユーザーおよび管理者のガイドを参照してください。
ファイアウォール
Red Hat Enterprise Linux では、ファイアウォール機能の提供に firewalld を使用しています。詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイドを参照してください。
ソフトウェアのインストール
Red Hat Enterprise Linux では、システムを構成する RPM パッケージの管理に yum を使用しています。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイドを参照してください。
仮想化
同じコンピューター上で複数のオペレーティングシステムを同時に稼働させる機能は仮想化によって提供されます。Red Hat Enterprise Linux には Red Hat Enterprise Linux ホスト上に二次的なシステムをインストールし管理を行うためのツールも収納されています。仮想化のサポートはインストール中でも、インストール後でも選択可能です。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化の導入および管理ガイド』を参照してください。