Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

49.2. pcp-zeroconf パッケージのインストール (推奨)

クラスターを設定する際に、PCP (Performance Co-Pilot) ツールの pcp-zeroconf パッケージをインストールすることが推奨されます。PCP は、RHEL システムに推奨される Red Hat の resource-monitoring ツールです。pcp-zeroconf パッケージをインストールすると、PCP を実行してパフォーマンス監視データを収集して、フェンシング、リソース障害、およびクラスターを中断するその他のイベントの調査に役立てることができます。

注記

PCP が有効になっているクラスターデプロイメントには、/var/log/pcp/ を含むファイルシステムで PCPが取得したデータ用に十分な領域が必要です。PCP による一般的な領域使用はデプロイメントごとに異なりますが、通常 pcp-zeroconf のデフォルト設定を使用する場合は 10Gb で十分であり、環境によっては必要な量が少なくなることがあります。一般的なアクティビティーの 14 日間におけるこのディレクトリーの使用状況を監視すると、より正確な使用状況の概算値が得られます。

pcp-zeroconf パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

# yum install pcp-zeroconf

このパッケージは pmcd を有効にし、10 秒間隔でデータキャプチャーを設定します。

PCP データを確認する 方法は、Red Hat カスタマーポータルの「Why did a RHEL High Availability cluster node reboot - How can I prevent it again」を参照して ください。