Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.12. LVM デバイスの可視性および使用を制限する

論理ボリュームマネージャー (LVM) がスキャンできるデバイスを制御することにより、LVM で表示および使用できるデバイスを制限できます。

LVM デバイススキャンの設定を調整するには、/etc/lvm/lvm.conf ファイルで LVM デバイスフィルター設定を編集します。lvm.conf ファイル内のフィルターは、一連の単純な正規表現で設定されています。システムは、これらの式を /dev ディレクトリー内の各デバイス名に適用して、検出された各ブロックデバイスを受け入れるか拒否するかを決定します。

68.12.1. LVM デバイスフィルター

論理ボリュームマネージャー (LVM) デバイスフィルターは、デバイス名パターンのリストです。

パターンは、任意の文字で区切られた正規表現と、a (許可) または r (拒否) が先頭に付けられた正規表現です。デバイスに一致する最初の正規表現は、LVM が特定のデバイスを許可するか、拒否 (無視) するかを判断します。デバイスは、シンボリックリンクを介して複数の名前を持つことができます。フィルターがこれらのデバイス名のいずれかを受け入れる場合、LVM はそのデバイスを使用します。LVM は、パターンに一致しないデバイスも受け付けます。

デフォルトのデバイスフィルターは、システム上のすべてのデバイスを受け入れます。理想的なユーザー設定のデバイスフィルターは、1 つ以上のパターンを受け入れ、それ以外はすべて拒否します。たとえば、このような場合、パターンリストは r|.*| で終わることができます。.

lvm.conf ファイルの devices/filter フィールドと devices/global_filter フィールドで、LVM デバイスのフィルター設定を見つけることができます。

68.12.1.1. 関連情報

  • lvm.conf(5) man ページ

68.12.1.2. LVM デバイスフィルター設定の例

以下のリストは、LVM がスキャンして後で使用できるデバイスを制御するフィルター設定を示しています。lvm.conf ファイルでデバイスフィルターを設定します。

  • 以下は、すべてのデバイスをスキャンするデフォルトのフィルター設定です。

    filter = [ "|a.*|" ]
  • 以下のフィルターは、ドライブにメディアが入っていない場合の遅延を回避するために cdrom デバイスを削除します。

    filter = [ "r|^/dev/cdrom$|" ]
  • 以下のフィルターはすべてのループデバイスを追加して、その他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a|loop|", "r|.*|" ]
  • 次のフィルターは、すべてのループおよび統合開発環境 (IDE) デバイスを追加し、他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a|loop|", "a|/dev/hd.*|", "r|.*|" ]
  • 以下のフィルターは 1 番目の IDE ドライブにパーティション 8 のみを追加して、他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a|^/dev/hda8$|", "r|.*|" ]

関連情報

  • lvm.conf(5) man ページ