Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

50.3. リソースおよびリソースグループの作成

このユースケースでは、クラスターリソースを 4 つ作成する必要があります。すべてのリソースが必ず同じノードで実行するように、このリソースを、リソースグループ apachegroup に追加します。作成するリソースは、以下の順に開始します。

  1. 「LVM ボリュームと ext4 ファイルシステムの設定」で作成した LVM ボリュームグループを使用する LVM リソース my_lvm
  2. 「LVM ボリュームと ext4 ファイルシステムの設定」で作成したファイルシステムデバイス /dev/my_vg/my_lv を使用する Filesystem リソース my_fs
  3. apachegroup リソースグループのフローティング IP アドレスである IPaddr2 リソース。物理ノードに関連付けられている IP アドレスは使用できません。IPaddr2 リソースの NIC デバイスを指定していない場合は、そのノードに静的に割り当てられている IP アドレスの 1 つと同じネットワークにフローティング IP が存在していないと、フローティング IP アドレスを割り当てる NIC デバイスが適切に検出されません。
  4. apache リソース Website で、index.html ファイルと「Apache HTTP サーバーの設定」で定義した Apache 設定を使用します。

以下の手順で、apachegroup リソースグループと、このグループに追加するリソースを作成します。リソースは、グループに追加された順序で起動し、その逆の順序で停止します。この手順は、クラスター内のいずれかのノードで実行してください。

  1. 次のコマンドは、LVM が有効 なリソース my_lvm を作成します。リソースグループ apachegroup は存在しないため、このコマンドによりリソースグループが作成されます。

    注記

    アクティブ/パッシブの HA 設定で、同じ LVM ボリュームグループを使用する LVM が有効 なリソースを複数設定するとデータが破損する場合があるため、そのようなリソースは 1 つ以上設定しないでください。また、LVM が有効 なリソースは、アクティブ/パッシブの HA 設定のクローンリソースとして設定しないでください。

    [root@z1 ~]# pcs resource create my_lvm ocf:heartbeat:LVM-activate vgname=my_vg vg_access_mode=system_id --group apachegroup

    リソースを作成すると、そのリソースは自動的に起動します。以下のコマンドを使用すると、リソースが作成され、起動していることを確認できます。

    # pcs resource status
     Resource Group: apachegroup
         my_lvm	(ocf::heartbeat:LVM-activate):	Started

    pcs resource disable コマンドおよび pcs resource enable コマンドを使用すると、各リソースを個別に停止および起動できます。

  2. 以下のコマンドでは、設定に必要な残りのリソースを作成し、作成したリソースを既存の apachegroup リソースグループに追加します。

    [root@z1 ~]# pcs resource create my_fs Filesystem \
    device="/dev/my_vg/my_lv" directory="/var/www" fstype="ext4" \
    --group apachegroup
    
    [root@z1 ~]# pcs resource create VirtualIP IPaddr2 ip=198.51.100.3 \
    cidr_netmask=24 --group apachegroup
    
    [root@z1 ~]# pcs resource create Website apache \
    configfile="/etc/httpd/conf/httpd.conf" \
    statusurl="http://127.0.0.1/server-status" --group apachegroup
  3. リソースと、そのリソースを含むリソースグループの作成が完了したら、クラスターのステータスを確認します。4 つのリソースがすべて同じノードで実行していることに注意してください。

    [root@z1 ~]# pcs status
    Cluster name: my_cluster
    Last updated: Wed Jul 31 16:38:51 2013
    Last change: Wed Jul 31 16:42:14 2013 via crm_attribute on z1.example.com
    Stack: corosync
    Current DC: z2.example.com (2) - partition with quorum
    Version: 1.1.10-5.el7-9abe687
    2 Nodes configured
    6 Resources configured
    
    Online: [ z1.example.com z2.example.com ]
    
    Full list of resources:
     myapc	(stonith:fence_apc_snmp):	Started z1.example.com
     Resource Group: apachegroup
         my_lvm	(ocf::heartbeat:LVM):	Started z1.example.com
         my_fs	(ocf::heartbeat:Filesystem):	Started z1.example.com
         VirtualIP	(ocf::heartbeat:IPaddr2):	Started z1.example.com
         Website	(ocf::heartbeat:apache):	Started z1.example.com

    クラスターのフェンスデバイスを設定していないと、リソースがデフォルトで起動しません。

  4. クラスターが稼働したら、ブラウザーで、IPaddr2 リソースとして定義した IP アドレスを指定して、「Hello」と単語が表示されるサンプル表示を確認します。

    Hello

    設定したリソースが実行していない場合は、pcs resource debug-start resource コマンドを実行して、リソースの設定をテストします。