Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

64.2. 仮想ドメインリソースの作成

以下の手順を使用して、作成されている仮想マシンのクラスターに VirtualDomain リソースを作成します。

  1. 仮想マシンを管理するために VirtualDomain リソースエージェントを作成する場合、Pacemaker では、ディスクのファイルに、仮想マシンの xml 設定ファイルをダンプする必要があります。たとえば、guest1 という名前の仮想マシンを作成した場合は、ゲストを実行できるクラスターノードのいずれかにファイルに xml ファイルをダンプします。任意のファイル名を使用できますが、この例では /etc/pacemaker/guest1.xml を使用します。

    # virsh dumpxml guest1 > /etc/pacemaker/guest1.xml
  2. 仮想マシンの xml 設定ファイルを、各ノードの同じ場所にあるゲストを実行できるその他のすべてのクラスターノードにコピーします。
  3. 仮想ドメインの実行が許可されているすべてのノードが、その仮想ドメインに必要なストレージデバイスにアクセスできるようにします。
  4. 仮想ドメインが、仮想ドメインを実行する各ノードで起動および停止できることを別途テストします。
  5. ゲストノードが実行している場合はシャットダウンします。Pacemaker は、クラスターで構成されているノードを起動します。仮想マシンは、ホストの起動時に自動的に起動するように設定することはできません。
  6. pcs resource create コマンドを使用して、VirtualDoman リソースを設定します。たとえば、次のコマンドは、VM という名前のVirtualDomain リソースを設定します。allow-migrate オプションが true に設定されているため、pcs move VM nodeX コマンドはライブ移行として実行されます。

    この例では、migration_transportssh に設定されます。SSH 移行が適切に機能するには、鍵を使用しないロギングがノード間で機能する必要があります。

    # pcs resource create VM VirtualDomain config=/etc/pacemaker/guest1.xml migration_transport=ssh meta allow-migrate=true