Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第27章 パーティションの使用

ディスクパーティション設定を使用して、ディスクを 1 つ以上の論理領域に分割し、各パーティションで個別に作業できるようにします。ハードディスクは、パーティションテーブルの各ディスクパーティションの場所とサイズに関する情報を保存します。このテーブルを使用すると、各パーティションはオペレーティングシステムへの論理ディスクとして表示されます。その後、それらの個々のディスクで読み取りと書き込みを行うことができます。

ブロックデバイスでパーティションを使用する場合のメリットとデメリットの概要については、利点と欠点の概要については 直接または LVM を間に入れて、LUN でパーティション設定を使用するメリットとデメリットは何ですか ? を参照してください。

27.1. parted でディスクにパーティションテーブルを作成

parted ユーティリティーを使用して、より簡単にパーティションテーブルでブロックデバイスをフォーマットできます。

警告

パーティションテーブルを使用してブロックデバイスをフォーマットすると、そのデバイスに保存されているすべてのデータが削除されます。

手順

  1. インタラクティブな parted シェルを起動します。

    # parted block-device
  2. デバイスにパーティションテーブルがあるかどうかを確認します。

    # (parted) print

    デバイスにパーティションが含まれている場合は、次の手順でパーティションを削除します。

  3. 新しいパーティションテーブルを作成します。

    # (parted) mklabel table-type
    • table-type を、使用するパーティションテーブルのタイプに置き換えます。

      • msdo (MBR の場合)
      • gpt (GPT の場合)

    例27.1 GUID パーティションテーブル (GPT) テーブルの作成

    ディスクに GPT テーブルを作成するには、次のコマンドを使用します。

    # (parted) mklabel gpt

    このコマンドを入力すると、変更の適用が開始されます。

  4. パーティションテーブルを表示して、作成されたことを確認します。

    # (parted) print
  5. parted シェルを終了します。

    # (parted) quit

関連情報

  • parted(8) man ページ