Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.6. RHEL インストールプログラムで提供されるアドオン向けキックスタートコマンド

本セクションのキックスタートコマンドは、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムにデフォルトで提供されるアドオンに関連しています。

H.6.1. %addon com_redhat_kdump

キックスタートコマンドの %addon com_redhat_kdump は任意です。このコマンドは、kdump カーネルクラッシュのダンプメカニズムを設定します。

構文

%addon com_redhat_kdump [OPTIONS]
%end

注記

このコマンドは、ビルトインのキックスタートコマンドではなくアドオンであることから、構文は通常のものとは異なります。

備考

Kdump とは、システムのメモリーの内容を保存して後で分析できるように、カーネルのクラッシュをダンプするメカニズムを指します。これは、kexec に依存し、別のカーネルのコンテキストから、システムを再起動することなく Linux カーネルを起動し、通常は失われてしまう 1 番目のカーネルメモリーの内容を維持できます。

システムクラッシュが発生すると、kexec は 2 番目のカーネルで起動します (キャプチャーカーネル)。このキャプチャーカーネルは、システムメモリーの予約部分に収納されています。このため、Kdump は、クラッシュしたカーネルメモリーの内容 (クラッシュダンプ) をキャプチャーして、指定した場所に保存します。このキックスタートコマンドを使用して設定することはできません。 インストール後に /etc/kdump.conf 設定ファイルを編集して設定する必要があります。

Kdump の詳細は、『 カーネルの管理、監視、および更新』の「kdump のインストール と設定」を参照し てください。

オプション

  • --enable - インストール済みのシステムで kdump を有効にします。
  • --disable - インストール済みのシステムで kdump を無効にします。
  • --reserve-mb= - kdump 用に予約するメモリーの量 (MiB 単位)。以下に例を示します。

    %addon com_redhat_kdump --enable --reserve-mb=128
    %end

    数値の代わりに auto と指定することもできます。この場合、インストールプログラムは『 カーネルの管理、監視、および更新』の「 kdump のメモリー要件」セクションで説明され ている基準に基づいて自動的にメモリー量を 決定します。

    kdump を有効にして、--reserve-mb= オプションを指定しないと、auto の値が使用されます。

  • --enablefadump - 対応するシステム (特に IBM Power Systems サーバー) へのファームウェア補助によるダンピングを有効にします。