Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.3. 信頼されているシステム証明書の管理

trust コマンドは、共有システム全体のトラストストアで証明書を管理する便利な方法を提供します。

  • トラストアンカーの一覧表示、抽出、追加、削除、または変更を行うには、trust コマンドを使用します。このコマンドの組み込みヘルプを表示するには、引数を付けずに、または --help ディレクティブを付けて実行します。

    $ trust
    usage: trust command <args>...
    
    Common trust commands are:
      list             List trust or certificates
      extract          Extract certificates and trust
      extract-compat   Extract trust compatibility bundles
      anchor           Add, remove, change trust anchors
      dump             Dump trust objects in internal format
    
    See 'trust <command> --help' for more information
  • すべてのシステムのトラストアンカーおよび証明書の一覧を表示するには、trust list コマンドを実行します。

    $ trust list
    pkcs11:id=%d2%87%b4%e3%df%37%27%93%55%f6%56%ea%81%e5%36%cc%8c%1e%3f%bd;type=cert
        type: certificate
        label: ACCVRAIZ1
        trust: anchor
        category: authority
    
    pkcs11:id=%a6%b3%e1%2b%2b%49%b6%d7%73%a1%aa%94%f5%01%e7%73%65%4c%ac%50;type=cert
        type: certificate
        label: ACEDICOM Root
        trust: anchor
        category: authority
    ...
  • トラストアンカーをシステム全体のトラストストアに保存するには、trust anchor サブコマンドを使用し、証明書のパスを指定します。path.to/certificate.crt を、証明書およびそのファイル名のパスに置き換えます。

    # trust anchor path.to/certificate.crt
  • 証明書を削除するには、証明書のパス、または証明書の ID を使用します。

    # trust anchor --remove path.to/certificate.crt
    # trust anchor --remove "pkcs11:id=%AA%BB%CC%DD%EE;type=cert"

関連情報

  • trust コマンドのすべてのサブコマンドは、以下のような詳細な組み込みヘルプを提供します。

    $ trust list --help
    usage: trust list --filter=<what>
    
      --filter=<what>     filter of what to export
                            ca-anchors        certificate anchors
    ...
      --purpose=<usage>   limit to certificates usable for the purpose
                            server-auth       for authenticating servers
    ...