Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

40.3. ブートエントリーとは

ブートエントリーは設定ファイルに格納され、特定のカーネルバージョンに関連付けられるオプションの集合です。実際には、ブートエントリーは、システムにカーネルがインストールされているのと同じ数だけあります。ブートエントリーの設定ファイルは、/boot/loader/entries/ ディレクトリーにあり、以下のようになります。

6f9cc9cb7d7845d49698c9537337cedc-4.18.0-5.el8.x86_64.conf

上記のファイル名は、/etc/machine-id ファイルに保存されているマシン ID と、カーネルバージョンから構成されます。

ブートエントリーの設定ファイルには、カーネルバージョン、初期 ramdisk イメージ、および kernelopts 環境変数 (カーネルコマンドラインパラメーターを含む) に関する情報が含まれます。ブートエントリーの設定の内容は、以下で確認できます。

title Red Hat Enterprise Linux (4.18.0-74.el8.x86_64) 8.0 (Ootpa)
version 4.18.0-74.el8.x86_64
linux /vmlinuz-4.18.0-74.el8.x86_64
initrd /initramfs-4.18.0-74.el8.x86_64.img $tuned_initrd
options $kernelopts $tuned_params
id rhel-20190227183418-4.18.0-74.el8.x86_64
grub_users $grub_users
grub_arg --unrestricted
grub_class kernel

kernelopts 環境変数は /boot/grub2/grubenv ファイルで定義されます。

関連情報

kernelopts 変数の詳細は、ナレッジベースの記事「 How to install and boot custom kernels in Red Hat Enterprise Linux 8 」を参照してください。