Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.14. LVM のトラブルシューティング

LVM ツールを使用して、LVM ボリュームおよびグループのさまざまな問題のトラブルシューティングを行うことができます。

68.14.1. LVM での診断データの収集

LVM コマンドが想定どおりに機能しない場合は、以下の方法で診断情報を収集できます。

手順

  • 以下の方法を使用して、さまざまな診断データを収集します。

    • -vvvv 引数を LVM コマンドに追加して、コマンドの出力の詳細レベルを増やします。
    • /etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルの log セクションで、level オプションの値を増やします。これにより、LVM がシステムログにより多くの情報を提供します。
    • 問題が論理ボリュームのアクティブ化に関連する場合は、アクティブ化中に LVM がログメッセージをログに記録できるようにします。

      1. /etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルの log セクションで activation = 1 オプションを設定します。
      2. LVM コマンドに -vvvv オプションを付けて実行します。
      3. コマンドの出力を確認します。
      4. activation オプションを 0 にリセットします。

        オプションを 0 にリセットしないと、メモリー不足の状況でシステムが応答しなくなる可能性があります。

    • 診断目的で情報ダンプを表示します。

      # lvmdump
    • 追加のシステム情報を表示します。

      # lvs -v
      # pvs --all
      # dmsetup info --columns
    • /etc/lvm/backup/ ディレクトリーの最後の LVM メタデータのバックアップと、/etc/lvm/archive/ ディレクトリー内のアーカイブバージョンを確認します。
    • 現在の設定情報を確認します。

      # lvmconfig
    • /run/lvm/hints キャッシュファイルで、物理ボリュームを持つデバイスを記録します。

関連情報

  • man ページ の lvmdump(8)