Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

55.2. ノードのサブセットへのリソース検出を制限

Pacemaker がどこでリソースを開始しても、開始する前にそのリソースがすでに実行しているかどうかを確認するために、すべてのノードでワンタイム監視操作 (「プローブ」とも呼ばれています) を実行します。このリソース検出のプロセスは、監視を実行できないノードではエラーになる場合があります。

ノードに場所の制約を設定する際に、pcs constraint location コマンドの resource-discovery オプションを指定して、指定したリソースに対して、Pacemaker がこのノードでリソース検出を実行するかどうかの優先度を指定できます。物理的にリソースが稼働可能なノードのサブセットでリソース検出を制限すると、ノードが大量に存在する場合にパフォーマンスを大幅に改善できます。pacemaker_remote を使用して、ノード数を 100 単位で拡大する場合は、このオプションの使用を検討してください。

以下のコマンドは、pcs constraint location コマンドで resource-discovery オプションを指定する場合の形式を示しています。このコマンドでは、基本的な場所の制約に対応します。score を正の値にすると、リソースが特定のノードで優先的に実行するように設定されます。score を負の値にすると、リソースがノードを回避するように設定されます。基本的な場所の制約と同様に、制約にリソースの正規表現を使用することもできます。

pcs constraint location add id rsc node score [resource-discovery=option]

表55.2「リソース検出制約パラメーター」 では、リソース検出の制約を設定する基本パラメーターを説明します。

表55.2 リソース検出制約パラメーター

フィールド

説明

id

制約自体にユーザーが選択した名前。

rsc

リソース名

node

ノード名

score

指定のリソースが指定のノードを優先するべきか回避するべきかを示す優先度を示す整数値。スコアが正の値の場合は、ノードを優先するようにリソースを設定する基本的な場所の制約となり、負の場合は、ノードを回避するようにリソースを設定する基本的な場所の制約となります。

score の値を INFINITY に設定すると、そのノードが利用可能な場合は、リソースがそのノードで優先的に実行します。ただし、そのノードが利用できない場合に、別のノードでそのリソースを実行しないようにする訳ではありません。score の値を -INFINITY に設定すると、他のノードが利用できない場合でも、そのリソースはそのノードでは実行されません。

数値スコア (INFINITY または -INFINITY 以外) は、その制約が任意で、それを上回る要因が他にない限り有効となることを意味します。たとえば、リソースが別のノードに置かれ、その resource-stickiness スコアが、場所制約のスコアよりも 優先 される場合は、リソースがその場所に残されます。

resource-discovery オプション

* always - このノードに指定したリソースで、リソース検出を常に実行します。これは、リソースの場所の制約の resource-discovery のデフォルト値です。

* never - このノードで、指定したリソースに対してリソース検出を行いません。

* exclusive - このノード (および同様に exclusive マークが付いているその他のノード) で指定したリソースに対してのみ、リソースの検出を行います。複数のノードで同じリソースの exclusive 検出を使用する複数の場所制約により、resource-discovery が排他的であるノードのサブセットが作成されます。1 つまたは複数のノードで、リソースが exclusive 検出用にマーク付けされている場合、そのリソースは、ノードのサブセット内にのみ配置できます。

警告

resource-discoverynever または exclusive に設定すると、Pacemaker が、想定されていない場所で実行している不要なサービスのインスタンスを検出して停止する機能がなくなります。関連するソフトウェアをアンインストールしたままにするなどして、リソース検出なしでサービスがノードでアクティブにならないようにすることは、システム管理者の責任です。